高すぎる市場の期待に苦しむ黒田総裁

いよいよ3、4日は日銀金融政策決定会合

4月1日が月曜日というのはいい、ということをベテランサラリーマンから良く聞く。始まり、という気がするし、新入社員も、週末心の準備をして、イザ!という感じで行けるので、いいかもしれない。

日本の株式市場、為替市場は、新年度入りは日本だけだが、悲惨なスタートとなった。4月1日、ドル円レートは1円以上も円高が進み、株価は、日経平均で260円も下落した。J-REITに至っては、7%も下げ、2011年の震災以来の下落率となった。一体何が起きたのか。

実は、何も起きていない。

株式市場をはじめとする、金融市場における金融商品(為替も投資家にとっては金融商品だ)の価格とは何を意味するか。理論上はファンダメンタルズということになっている。実体だ。つまり、その金融商品が表す実体が変化するから、その価格も変化する、というのが理論だ。株式であれば、その企業の収益見通し、日本株全体なら、日本の大企業の収益環境の変化だ。

次ページマーケットでついた価格の本質とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT