白川日銀、最後の会合で起きた「異変」

「黒田新体制」へ地ならしが始まった?

白川方明日本銀行総裁としての最後の金融政策決定会合が3月6~7日に行われた。金融政策は政策金利をゼロ~0.1%とする現状維持。海外経済の持ち直しの動きや国内の公共投資増加、住宅投資の持ち直し、個人消費の底堅い動きなどを反映し、これまで「下げ止まりつつある」としていた景気判断を「下げ止まっている」と一歩前進させた。

黒田新体制への地ならし?白井委員の唐突な提案

金融政策は現状維持だが、目を引いたのは、白井さゆり委員が会合の中で提案した議案だった。白井委員は、現在、金融緩和のツールとして使っている「資産買入れ等基金(基金)」を通じた長期国債の買い入れと、それとは区別して位置づけている「国債買入れオペ」の2つを統合するように提案した。

 基金を通じた長期国債の買入れは、長めの金利の低下を図る目的で行われており、日銀は「臨時の措置」と位置づけている。一方の国債買入れオペは、「日銀の負債である銀行券の発行残高に合わせて、長期の資産である長期国債を保有することが合理的」といった理由で、銀行券の発行残高の範囲内で長期国債を買い入れる、いわゆる「日銀券ルール」という自主ルールに基づいた通常のオペレーションだ。この運営方針によって、日銀の国債買入れオペを通じた長期国債買入れは、あくまで安定的な資金供給を目的としたもので、国の借金の手助けとみられる財政ファイナンスを目的とするものではないとしてきた。

次ページ「日銀券ルール」は今後も守られるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT