白川日銀、最後の会合で起きた「異変」

「黒田新体制」へ地ならしが始まった?

4月会合で各委員の金融緩和へのスタンスが明らかに

だが、白井委員の「統合提案」は日銀券ルールをなし崩しにするものだといえる。今会合の議事要旨が公表されるのは1カ月後だ。議論の詳細は不明だが、従来一度も提案しなかったことを、なぜ、このタイミングで出してきたのか。

わかりやすい伏線がある。4日の所信表明後の質疑で、みんなの党の浅尾慶一郎議員から日銀券ルールの在り方について問われた黒田東彦氏(アジア開発銀行総裁)は、「当然、検討対象になると思う」としたうえで、「既存のルールや仕組みを前提にして、いっさい変えないという範囲内でやるのでは、大胆な金融緩和にならないと思っている」と述べた。

翌日、同じことを浅尾議員から問われた岩田規久男・学習院大学教授も「FRB(米国連邦準備制度理事会)は日銀のような制約(日銀券ルール)を設けていない。物価安定のために何ができるかという視点で考えていけばいい」と話している。

つまり、白井委員の提案は、新たに政策委員会のメンバーとなる二人が日銀券ルールを絶対視しないスタンスを示したことを受けた”地ならし”ともみれる。しかしながら、この提案に賛成した政策委員はゼロ。結局、賛成1、反対8で否決された。

次回の決定会合は黒田新総裁のもとで4月3~4日に行われる予定だ。はたして、白井委員は日銀券ルールを葬り去るに等しい提案を次回会合でも行うのか。それのみならず、積極的な金融緩和論者である黒田氏と岩田氏がメンバーとして入る。白川体制のもとで議論を交わしてきたほかの政策委員は、「大胆な金融緩和」(黒田氏)の提案がなされた際、賛成・反対のいずれに票を投じるのか。これまで、追加の金融緩和は全会一致で決まることが多かった。しかし、今後は必ずしもそうはならず、各委員の金融緩和へのスタンスの違いが鮮明になりそうだ。

(撮影:尾形 文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT