日銀・黒田新総裁の行動を、ズバリ予測しよう

意見は聞くが、安倍首相や財務省にも従わない?

彼は、知的で好奇心が旺盛で幅広い。主税局の経験が長いが、主税局は理論派であり、悪く言うと原理主義。政治的妥協ができず、筋を通し、日本の将来を憂うが、主計局は、政治も他省庁も仕切り、毎年予算をまとめ上げる。したがって、彼らの方が政治的には巧みで、力を持つことにもなる。黒田氏は、国際金融界でも評判が高く、知的だ。だが、妥協せず、交渉も黙って手の内を見せず、しかし、信念を貫く。手強い相手だと思う。

つまり、日銀総裁には、人格的にはぴったりだ。

妥協しない。信念を通す。しかし、信頼、尊敬はされる。中央銀行として、政府からも市場からも独立し、かつ尊敬を受け、かつ政治や市場のペースに巻き込まれず、むしろ、それらをリードする。極めて的確な人事ではないだろうか。

安倍首相の意向にも沿わない?

黒田氏は、安倍晋三首相の意向にも沿わないだろう。彼は彼として、独立に考え、行動するはずだ。安倍首相とは、「日銀はもっと大胆な金融緩和をする必要があり、それは可能である」という認識では一致している。しかし、それ以上でもそれ以下でもない。今後も、安倍首相とはよく話し合い、信頼関係は保っていくだろう。しかし、黒田氏の考えるとるべき金融政策と、安倍首相の求める金融政策にずれが生じてきた場合、黒田氏は、自分の考えを優先するだろう。

仮に、麻生太郎副総理兼財務大臣などの意見も取り入れて、安倍首相が、これまでよりもバランスを重視した金融政策を求めるように変わったとする。しかし、黒田氏は、これに応じないだろう。信念として、さらなる金融緩和が重要と思っているからだ。

次ページ出身母体の財務省や「日銀プロパー」との関係は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT