“WBC最強打線” ドミニカ強さの秘密

現地取材で探る、メジャーリーガー輩出工場の全貌

アメリカ人によって、ドミニカに野球が伝えられたのは19世紀の終わり。以降、人々はその魅力に取り憑かれた。1997年から西武と巨人で5年間プレーし、現在はドミニカで中日のスカウトを務めるドミンゴ・マルティネスによると、「ドミニカで野球以外のスポーツをする少年は皆無に等しい。みんな、物心がついた頃から野球を楽しんでいる」。

第1回WBCでドミニカ代表の監督を務めたマニー・アクタが創設したリーグ戦では、毎週土曜に300人の少年がプレー(撮影:龍フェルケル

123年の歴史を誇る地元紙『リスティン・ディアリオ』で39年間健筆を振るうエクトル・クルス記者によると、「ドミニカで男の子が生まれてきて、最初にするスポーツは野球。バスケット、体操の人気も上がってきているが、すべてのアスリートがまずは野球をプレーする」という。

ブラジルの少年が路上でサッカーボールを蹴って上手くなるように、ドミニカの少年には誰もが野球をする環境があるのだ。ちなみに、近年はドミニカでもサッカーをする少年の姿がちらほらと見られるようになってきたが、そのほとんどが中流階級以上の息子だという。

ドミニカがケイマン諸島である理由

ドミニカを取材して驚かされたのが、至るところに野球グラウンドがあることだ。もっとも、日本のように整備されたフィールドではなく、ボコボコの土の上に雑草が生えているのは当たり前。前述したような砂利のグラウンドや、傾斜があるフィールドも珍しくない。1年中燦々と輝く太陽の下、少年たちはプレーできる場所があれば、どこでも白球を追いかける。

そうした環境に目を付けたのがMLBだった。1950年代からドミニカ人選手の発掘を開始し、現在では全30球団のうち28球団がアカデミーを開き、ダイヤモンドの原石を磨き上げている。

では、中南米にはベネズエラやメキシコ、プエルトリコなどほかにも野球の盛んな国があるなか、なぜ、MLBのアカデミーはドミニカに一極集中しているのか。その答えこそ、「ドミニカがケイマン諸島である」理由だ。

次ページMLBのアカデミーはタックス・ヘイブン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT