“WBC最強打線” ドミニカ強さの秘密

現地取材で探る、メジャーリーガー輩出工場の全貌

前述のクルス記者が事情を明かす。

「財政的な理由だよ。ドミニカでは、他の国より安くアカデミーを運営できる。なぜなら、政府から税金を免除されているからだ。ボールやバット、バッティングマシーンなど、ドミニカに持ち込まれる野球道具もすべて税金が免除される。50人以上の選手を抱える球団では給料がドルで支払われ、所得税を払う必要もない。MLBのアカデミーは、タックス・ヘイブンなんだ」

ドミニカのめぼしい産業は観光くらい。多くの人が従事するさとうきび栽培は収益が低く、その家族の子どもたちは学校に通わず、家業を手伝うケースも少なくない。そんな国において、誤解を恐れずに言えば、野球は貧乏を脱出する唯一の手段なのだ。

大リーガーの80%は貧しい農家の出身

今回のWBC2次ラウンドでアメリカを破って準決勝進出を決めた直後、ドミニカ代表のトニー・ペーニャ監督はこう話した。

「母国出身の大リーガーの80%は貧しい農家の出身。常にプレーを楽しむ理由は、貧しさを忘れるためさ」(『Sponichi Annex』より)

NGOアカデミー「CSA」では野球、英語、コンピュータなどを月曜から土曜まで無料で指導。練習後の食事が少年たちには何よりの楽しみ(撮影:龍フェルケル

このコメントを読んで、ドミニカの首都サント・ドミンゴ郊外にあるクリーブランド・インディアンスのアカデミーでマニー・ロドリゲスに聞いた話を思い出した。ショートを守る20歳の彼は、昨季、マイナーリーグのダブルAでプレーし、2013年のスプリング・トレーニングが始まる前にドミニカでのプログラムに参加していた。マニーはインディアンスと契約し、生活が一変したという。

「以前は本当に貧乏だったけど、ここに来て人生が大きく変わった。今は食べ物があるし、お金を稼いで家族に家を買うこともできた。もっと稼がないと!」

同じく、インディアンス傘下のマイナーリーグでプレーするチャーリー・アウレリオ、22歳の捕手はこんな話をしていた。

「ここにやって来て、以前より良い人間になれたと思う。今はプロ選手としての責任があるからね。家族を助けたいから一生懸命プレーしなければならない。オレが頑張って働かないと、家族を助けることはできない」

次ページ野球は笑いながら、楽しむものだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT