試験勉強はスマホで、暗記ツールの“新定番"

その名は「スマレコマーカー」、ナカバヤシが発売

学生時代の中間・期末試験や受験、社会人になってからの各種資格試験など、試験勉強に欠かせないのが暗記だ。「食べるだけで覚えられる」ドラえもんの未来道具「暗記パン」があれば、と思った人は多いだろう。

しかし、現実は甘くない。暗記には地道な努力が必要である。いま社会人になっている世代の大半は、学生時代に自分で単語帳を作ったり、教科書や参考書の覚えたい箇所にマーカーを塗りその上から赤いシートをかぶせ文字を隠したりと、暗記するための暗記ツールを自分の手で作ったものだ。

デジタルの力で簡単に

そんな苦労も昔の話。いまや暗記ツールの作成も、デジタルの力を借りて簡単にできるようになった。アルバムやシュレッダーなどを手掛けるナカバヤシが、この4月から発売する予定の「スマレコマーカー」は、スマホ(スマートフォン)との連動により、便利な暗記ツールが簡単に作れる。

撮影するだけで簡単に取り込める

スマレコメーカーはペン形状のグッズで税込み1本750円。使い方はいたって簡単だ。教科書や参考書などの覚えたい単語やセンテンスを、緑とオレンジの2色ラインが特徴の専用ペン型マーカーでマーキングし、スマホの専用アプリで撮影する。 

 

マーカー部分をタッチするだけで表示できる

すると、これだけでスマホのアプリがマーキングした箇所を認識し、画面上のマーカーを引いた部分をタッチするだけで表示したり、非表示にしたりできる、デジタル暗記帳が出来上がるのだ。スマホ専用アプリは無料で使える。

次ページこっそり勉強ができる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。