「35歳以上婚」を達成する男女の"3つの資質"

50人以上を取材して見えてきたこと

「超かわいい」と愛情を注いでいる3歳の息子に対しても少しずつ自立を促している。100円ショップで買ってきた子ども用のホワイトボードに、トイレや着替えや手洗いの絵を描いたマグネットをはりつけ、できたらひっくり返させるように言ってある。マグネットの裏には「できた」と赤字で書いてある。

やるべきことの「見える化」で交渉

「パンツをはくだけでも10分もかかっていることがありますけど、自分でやる習慣をつけさせることが大事だと思っています。マグネットを裏返して赤くなることには達成感があるみたいです」

裕子さん流にいえば「彼がやるべきことの見える化」である。子どもが少しでも自分のことを自分でできるようになれば、それだけ裕子さんにも余裕が生まれるのだ。それでも時間が足りないことも多いため、今度は夫である周平さんとの交渉に乗り出した。某雑誌の記事を参考にして、子育てを含む全家事の項目と所要時間を洗い出し、妻である自分の負担がいかに重いかを提示したのだ。

しかし、裕子さん以上にロジカルである周平さんには通用しなかった。「家事の見える化リスト」を一読した周平さんは、「やらなくてもいい項目、アウトソースできる項目」が多く含まれていることを指摘。たとえば、料理はすべてやめて惣菜を買うことで済ませても周平さんとしては一向に問題がない。

「手作り料理をあえて選んでいるのはあなたでしょう、と言うんです。面倒くさい人でしょう(笑)。でも、感情的に怒ってしまう人と暮らすよりはずっと楽です。

以前に、彼が大事にしていた高価な装身具を子どもに触らせて壊してしまったことがあります。でも、ちゃんと謝って状況を説明したら、まったく私を責めませんでした。後からぐちぐち言うこともありません。理性99%の彼は、私にはちょうどいい結婚相手だと思っています」

結婚して子どもができても苦労や悩みがなくなるわけではない。しかし、裕子さんのように「つねに考えて行動し、反省してまた行動する」サイクルを回していれば、悩み過ぎて落ち込むような暇は生じない。裕子さんの果敢で前向きな姿に勇気づけられるのは筆者だけはないだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。