就活生が選ぶ「面接官が好印象の企業」TOP25

良く話を聞き、笑顔で対応する面接官が理想

面接では企業側も見られている。理想の面接官とは…(写真:saki / PIXTA)

企業の新卒採用活動でハイライトとなるのが面接だ。面接を行うのは人事部門だけではない。現場の若手社員や管理職が1次、2次面接の面接官を担い、最終選考は役員クラスというケースが多い。いわば新卒採用面接は、全社を挙げての取り組みといえる。

採用面接は「企業が学生を見て選抜する場」だが、同時に「就活生が企業を見て選択する場」でもある。というのも、HR総研が就活生に「面接官の印象が志望度に影響したか」を聞いたところ、文系で94%、理系で86%が「影響した」と回答しているからだ。内定や内々定を複数社から獲得した就活生が本命の1社を選ぶとき、面接官の印象が大きく影響している。

1位はみずほフィナンシャルグループ

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

ではそんな就活生が「面接官の印象がよかった企業」として挙げる会社はどこか――。

HR総研は6月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同調査を実施、就活生に「面接の結果にかかわらず面接官の印象が良かった企業」を1社選んでもらった。文系・理系あわせて1355人の就活生が回答。文系の学生は平均10.5社、理系の学生は平均7.8社の面接を受けている。そのなかで面接官の印象が最も良かった1社となる。

1位はみずほフィナンシャルグループで、2位に大差をつけた。みずほフィナンシャルグループは、『就職四季報2017版』の新卒採用数ランキングでもトップ(2016年採用数は1920人)となっており、面接を受けている学生数も多く票数も集まりやすい。しかし理由を見ると、それだけではないようだ。

次ページみずほがトップになる理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT