就活生が選ぶ「面接官が好印象の企業」TOP25

良く話を聞き、笑顔で対応する面接官が理想

面接では企業側も見られている。理想の面接官とは…(写真:saki / PIXTA)

企業の新卒採用活動でハイライトとなるのが面接だ。面接を行うのは人事部門だけではない。現場の若手社員や管理職が1次、2次面接の面接官を担い、最終選考は役員クラスというケースが多い。いわば新卒採用面接は、全社を挙げての取り組みといえる。

採用面接は「企業が学生を見て選抜する場」だが、同時に「就活生が企業を見て選択する場」でもある。というのも、HR総研が就活生に「面接官の印象が志望度に影響したか」を聞いたところ、文系で94%、理系で86%が「影響した」と回答しているからだ。内定や内々定を複数社から獲得した就活生が本命の1社を選ぶとき、面接官の印象が大きく影響している。

1位はみずほフィナンシャルグループ

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

ではそんな就活生が「面接官の印象がよかった企業」として挙げる会社はどこか――。

HR総研は6月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同調査を実施、就活生に「面接の結果にかかわらず面接官の印象が良かった企業」を1社選んでもらった。文系・理系あわせて1355人の就活生が回答。文系の学生は平均10.5社、理系の学生は平均7.8社の面接を受けている。そのなかで面接官の印象が最も良かった1社となる。

1位はみずほフィナンシャルグループで、2位に大差をつけた。みずほフィナンシャルグループは、『就職四季報2017版』の新卒採用数ランキングでもトップ(2016年採用数は1920人)となっており、面接を受けている学生数も多く票数も集まりやすい。しかし理由を見ると、それだけではないようだ。

次ページみずほがトップになる理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT