企業戦士たちよ、フリーランスに"出家"せよ!

優秀な人ほど企業を離れる時代

先日、大学時代からの親友が京都を訪ねてきたので、家族と一緒に食事をしました。京都は観光の街なので、いろいろな人が遊びに来てくれます。友人は大学卒業後、まだ創業期にあったITベンチャー企業に就職し、その企業のマーケティング部門の最前線をリードしながら、ほんの数年で数名から数千名の組織へと企業が変貌するありさまを目の当たりにしてきたいわば「ビジネスの猛者」です。彼はつい最近、会社を辞めて、フリーランスで活動するようになりました。

「ビジネスの猛者」は企業に固執しない

その彼が私にこう言いました。「最近、周りで仕事している人たち、特にデキる人たちがどんどん、フリーランスになってるよ。さまざまな大企業の組織を渡り歩きながら、力のある個人たちがその都度チームを組んで、いろいろな重要案件を引っ張っていくようになってきている。もはや、そういう人たちにとっては、ひとつの会社に所属している意味がない。今のビジネスの最前線は、分野を超えて自由自在に動き回る実力ある個人と、理由があって企業側に身を置いている数少ない企業内実力者のチームワークによって動いている」。

言われてみれば、東京にいる(もしくはもはや東京に住むこともやめてしまった)仕事のデキる友人・知人たちの動きを見ていると、なるほど、確かに会社を離れて個人で仕事をする人が増えているように感じます。それも、個人になったからといってビジネスもこぢんまりするのではなく、会社に属していた頃と同じか、あるいはそれ以上の大きな仕事にかかわっていたりする人も少なくありません。彼らのことを便宜上、ここでは「個人フリーランス」と呼びます。

そのように、一部のデキる人たちが「個人フリーランス」化していく動きを、会社組織に残っているデキる人たちが黙って見ているわけはありません。そんな自由な生き方が可能になってきたのなら、自分だってそうしたい。もちろん独立するにはリスクは付きものだが、自分の実力ならばきっとやれるに違いない。多くの人がそう思うに決まっています。しかし、そのような実力のある人たちが根こそぎいなくなってしまったら、会社はもたなくなってしまいます。

社内フリーランスという生き方

会社の側もそういう空気を察して、とりわけ大事な人材には待遇をよくしたりしますが、それだけでは彼らは満足してくれません。彼らが本当に欲しいのは、おカネやポストではなくて、自分が成長できる学習機会や、本当にやりたいことがやれる環境。面白いことに、高付加価値を追求する先端企業ほど、人材こそが企業の命というわけで、中核人材のそのような求めにも柔軟に応じているようです。

社内ベンチャーの仕組みを作ったり、会社の外で行う個人の事業活動をある程度は認めたり、社員の社会貢献活動を支援したりなど、一昔前に比べるとずいぶん自由度の高い会社員の方にお会いすることが増えています。いつでも「個人フリーランス」に移行できる実力を持ちながら、ワケがあって企業に籍を置きながら活動する人たち。ある意味、彼らは「社内フリーランス」とも呼べるでしょう。

次ページ「社内地蔵」になってはダメ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT