MBA坊主、ダボスへ行く!

世界が「日本的精神」を待っている

(AP Photo/Andy Wong)

このたび、世界経済フォーラム(ダボス会議)の2013年「ヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)」に私、松本紹圭が選出されました!

ヤング・グローバル・リーダーズというのは、世界経済フォーラムが2005年に立ち上げた世界規模のリーダー人材コミュニティです。毎年さまざまな分野から40歳以下の若手リーダーが選出されており、今年は世界から200名近くが選出される中、日本人も6名の方の名前が挙がっています。

過去の選出者も含め、今回の私以外のメンバーを見ると津田大介氏や夕張市の鈴木直道市長など、そうそうたるメンバーばかり。そんな中なぜMBA坊主が!? と疑問に思われているのは、私だけではないと思います。はっきり言って私は、このように「東洋経済オンライン」で書かせていただいているとはいえ、経済に明るいわけでもありません。そして、僧侶として勉学布教に秀でているわけでも、何か特別な厳しい修行をおさめたわけでもなく、まだまだ経験も勉強も足りない半人前の若僧にすぎません。

次ページ世界が「日本的精神」に期待している
関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。