MBA坊主、ダボスへ行く!

世界が「日本的精神」を待っている

(AP Photo/Andy Wong)

このたび、世界経済フォーラム(ダボス会議)の2013年「ヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)」に私、松本紹圭が選出されました!

ヤング・グローバル・リーダーズというのは、世界経済フォーラムが2005年に立ち上げた世界規模のリーダー人材コミュニティです。毎年さまざまな分野から40歳以下の若手リーダーが選出されており、今年は世界から200名近くが選出される中、日本人も6名の方の名前が挙がっています。

過去の選出者も含め、今回の私以外のメンバーを見ると津田大介氏や夕張市の鈴木直道市長など、そうそうたるメンバーばかり。そんな中なぜMBA坊主が!? と疑問に思われているのは、私だけではないと思います。はっきり言って私は、このように「東洋経済オンライン」で書かせていただいているとはいえ、経済に明るいわけでもありません。そして、僧侶として勉学布教に秀でているわけでも、何か特別な厳しい修行をおさめたわけでもなく、まだまだ経験も勉強も足りない半人前の若僧にすぎません。

次ページ世界が「日本的精神」に期待している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT