MBA坊主、ダボスへ行く!

世界が「日本的精神」を待っている

(AP Photo/Andy Wong)

このたび、世界経済フォーラム(ダボス会議)の2013年「ヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)」に私、松本紹圭が選出されました!

ヤング・グローバル・リーダーズというのは、世界経済フォーラムが2005年に立ち上げた世界規模のリーダー人材コミュニティです。毎年さまざまな分野から40歳以下の若手リーダーが選出されており、今年は世界から200名近くが選出される中、日本人も6名の方の名前が挙がっています。

過去の選出者も含め、今回の私以外のメンバーを見ると津田大介氏や夕張市の鈴木直道市長など、そうそうたるメンバーばかり。そんな中なぜMBA坊主が!? と疑問に思われているのは、私だけではないと思います。はっきり言って私は、このように「東洋経済オンライン」で書かせていただいているとはいえ、経済に明るいわけでもありません。そして、僧侶として勉学布教に秀でているわけでも、何か特別な厳しい修行をおさめたわけでもなく、まだまだ経験も勉強も足りない半人前の若僧にすぎません。

次ページ世界が「日本的精神」に期待している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。