MBA坊主、ダボスへ行く!

世界が「日本的精神」を待っている

(AP Photo/Andy Wong)

このたび、世界経済フォーラム(ダボス会議)の2013年「ヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)」に私、松本紹圭が選出されました!

ヤング・グローバル・リーダーズというのは、世界経済フォーラムが2005年に立ち上げた世界規模のリーダー人材コミュニティです。毎年さまざまな分野から40歳以下の若手リーダーが選出されており、今年は世界から200名近くが選出される中、日本人も6名の方の名前が挙がっています。

過去の選出者も含め、今回の私以外のメンバーを見ると津田大介氏や夕張市の鈴木直道市長など、そうそうたるメンバーばかり。そんな中なぜMBA坊主が!? と疑問に思われているのは、私だけではないと思います。はっきり言って私は、このように「東洋経済オンライン」で書かせていただいているとはいえ、経済に明るいわけでもありません。そして、僧侶として勉学布教に秀でているわけでも、何か特別な厳しい修行をおさめたわけでもなく、まだまだ経験も勉強も足りない半人前の若僧にすぎません。

次ページ世界が「日本的精神」に期待している
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。