心が強い人は「無理なやる気」を手放している

「感覚に帰る」を習慣化するとうまくいく!

動物は、食べて、遊んで、寝てよし(快)というシンプルな世界を生きています。

そういう自然な喜びに共感する(かわいさを感じる)というのは、喜びの感情を増やすきっかけとして最適です。ネコカフェでも修行はできるということです。

【喜びの感情を大事にするコツ】 
① あえて目を閉じて快を感じる
② 周りの喜びに共感する(「よかったね」と反応してみる)
③ ネコ(動物)を愛でる

 

「やる気の素」はこんなにたくさんある

『これも修行のうち。』(KADOKAWA)「これも修行のうち」―この口グセ(心の使い方)で、すべて変わる! 「不安」も「怒り」もすべて妄想だったと気づけます。「シャワー」を浴びる、目を閉じ「食べる」、ネコを「愛でる」……日常のシンプルなことも「自分を磨く」ツールになります。生活、仕事のなかで実践できるプチ修行50。画像をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

現代は、ストレス過多な世界です。労働環境はシビアだし、ネット・メディアの情報は、楽しさだけでなく「怒り」「嫉妬」や「欲望」「妄想」を刺激してきます。

また世の中で語られる「やる気」は、自分をよく見せたり、賞賛されたかったりという「承認欲」の満足をめざすことが多いもの。必然的に「競争」や「勝ち負け」、優越感や劣等感といった悩みを作り出してしまいがちです。

こうした生き方だけでは、やる気は続きません。現代人の多くがストレスや自己否定感と「闘っている」ことには、たしかな理由があるのです。

「やる気」はもっと広いものです。仏教でいえば、心地よさ、楽しさ、爽快感、充実感、「喜びへの共感」や「貢献する喜び」も、やる気の源(みなもと)になります。

ちょっと「心の使い方」を工夫すれば、ストレスに負けず、やる気を持続できる。もっと快適に仕事・生活をすることができる――それを可能にしてくれるのが、ブッダの方法(仏教)です。

これから夏本番です。「心を消耗しないプチ修行」にチャレンジしようではありませんか。

光も暑さも冷房も「感覚」として意識して、マイナスの感情や妄想をリセットする。ニュートラルな心で作業を始めて、快ある方向を思い出し、喜ぶことに積極的になる――。

そんな心の使い方が上手になればなるほど、「よし明日も頑張ろう」(生きていこう)と思えるはずです。

あとは実践(お試し)あるのみ。精進してまいりましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT