心が強い人は「無理なやる気」を手放している

「感覚に帰る」を習慣化するとうまくいく!

「やる気の出し方」のコツは、シンプルです。

① 感情のないニュートラルな心で、ていねいに作業する
②  「快」のある方向性を確認する
③ 喜びの感情をもっと積極的に感じるようにする

 

この3つを実践すると、やる気が上がって、効率は大幅に向上、“人生全体の生産性”も格段に上がります。具体的に説明しましょう。

「感覚に帰る」ことが成果を上げるカギ

「ニュートラル」とは、「快でも不快でもない(感情のない)精神状態」のことです。(詳しくは前回記事でも紹介しています)

「感情のない心の状態」が大事なのは、「心の消耗(ロス)」を防ぐため。そもそも、心がムダな反応を繰り返していたら、楽しさは湧いてこないし、自分らしさも能力も発揮できませんよね。

仕事や学び、プライベートでも、実は「ニュートラル」な精神状態が出発点になります。そしてこれが、何よりも重要です。

ニュートラルな状態になるには「体の感覚を意識する」こと。雨の日は鼻先で「空気の潤い」を感じる。夏の日は暑さや室内の冷気を肌で感じる練習をします。

「感覚」がカギとなって、気分(感情)がリセットされ、作業に集中できる状態になります。自分がめざす目標の達成も可能になります。「心をニュートラルに保つ習慣こそが、頑張る人の基本」だということです。

仕事でも同じです。そこで、楽しく働き最高の成果を上げるために「ニュートラルに仕事を始める」こんなプチ修行をやってみましょう――。

作業に取りかかる前に目をつむります。目の前に"暗闇"が見えますね。そこに「手のひら(または指先)の感覚」があることを意識してください。
たとえばパソコンを操作するときは、「目を閉じたまま」手のひら、そしてキーボードの上に置いた指先を「見つめます」。
このとき「妄想」や「感情」で頭が一杯のときは、指先の感覚をあまり意識できません。そういうときは、心を落ち着かせて、指先を意識して、「今から作業を始めるぞ」と自覚します。
そしてほんの少し「ていねいに(緻密に・正確に)」を心がけて、作業を始めます。

 

意外かもしれませんが「さぁ頑張るぞ!」「やらなければ!」ではないのです。手のひら・指先を意識して、「ニュートラルな心で、ちょっと緻密に」始めるのが、コツなのです。

この「ニュートラルに、ていねいに」は、いろいろな可能性を持っています。気分転換、リラックス、ストレス解消、趣味を楽しむ、仕事に集中する――どれも、マイナスの感情や妄想(つまり雑念)があったら、うまくいきません。

次ページ毎日が快調な人ほど緻密に作業している
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT