なぜ日本は「エセ日本人」だらけなのか?

「健全な愛国心」と「不健全な愛国心」

だからと言えばカッコよすぎだが、今から26年前、私は一人娘をインターナショナル・スクールのキンダーガーテン(幼稚園)に入れた。当時、横浜には3つのインターがあったが、そのうちのひとつセントジョセフ(2000年廃校)に、娘は3歳の誕生日の直前の9月から通うことになった。

この入学の経緯については次回に書くので、今回書いておきたいのは、その後、娘が小学校入学学年になったときの出来事だ。

「お子さんは日本人になりませんよ」

日本全国どこでも同じと思うが、子供が小学校就学年齢に達すると、役所から「入学通知書」が来る。翌年の4月から就学する学区内の学校名、健康診断の日時などが書かれている。

当然、私のところにも来た。しかし、その時点ですでに娘はキンダーを終え、エレメンタリー(小学校)の1年生になっていた。そこで、在学証明書を出してもらい、役所に指定の小学校には進学しない旨を届けに出掛けた。

すると、窓口の係の男性は、「そんなものは受け取れません。インターは日本の小学校ではないので不受理です」と言った。

「そうなんですか? 進学しない場合、たとえば私立に行くなどの場合は、届けるようにとのことでしたが。では、どうすればいいんですか?」

「そんな日本国民でないようなことをする人間に教えられませんよ」

この言葉に私はカチンと来た。まるで、非国民扱いではないか?

「何か間違っていますか?」

「ええ、お子さんは日本人になりませんよ」

結局、就学先の小学校に連絡し、行かないことを告げてほしい。それだけやっておけばいいということになった。ところが、私たち夫婦はこれをうっかり忘れてしまった。

4月になって、その小学校の校長から電話がかかってきた。

「お宅のお子さん、入学式に来られませんでしたが、どうかなさったんですか?」と言うので、事情を説明した。すると、「そうですか。そうされても、これは義務教育ですから、名簿と席はそのままになり、不登校扱いになりますよ。インターは文部省認可の学校ではありませんから、お子さんは小学校も中学校も卒業したことになりませんよ。日本人に育てないのですか?」と言う。

しつこい先生だなと思ったので、「いや、日本人にするためインターに入れたんです。異文化を知り、英語を話せなければ日本人にならないでしょう」と言うと、こちらが頭がおかしいとでも思ったのだろう。「お好きなように」と、電話は切れた。

次ページ娘は日の丸を知らなかった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。