都会のサードプレイス、バー活用法(下)

実際に飲んでいるのは、あなたによく似たこんな人たち。

続いて、夏の蔵の様子ですが、酒造りについて書かれた本やサイトは多々あれど、夏の、つまり酒を造っていないときの蔵で何が行われているのかは、「?」。わたしもお話をうかがって、「へぇー」と感心してしまいました。

「浦霞は、3季醸造といいまして、秋・冬・春の3シーズン、酒造りを行っています。なので酒造りが休みの夏場は、蔵人総出で、蔵の掃除を行います。床や天井もくまなくせっせと雑巾がけをし、槽(ふね)と呼ばれる酒を搾る機械や洗米機なども、すべてばらして洗浄します」

天井まで雑巾がけですか。落っこちたら大変ですね。

「蔵人は慣れてますから。とにかく、見に行くと、いつもせっせとどこかしら磨き上げていますよ」

酒造りへの愛ですね。蔵人であることの誇りがそうさせるんでしょうか。あ、えらそうなことを言ってすみません。

「木桶も洗います。いまはどこの酒蔵もほぼステンレスですが、うちは2004年から木桶を使った酒造りを半世紀ぶりに復活させ、年に2回限定販売を行っていますが、好評です」

飲んでみたいなぁ。ちなみに、その昔、酒造りの現場では納豆は御法度と言われていたそうです。いまはそんなことはないそうですが、日本酒がそれだけ繊細な酒だということなんですね。

蔵の歳時記、最後に、日本酒が他の醸造酒とどこが違うのか、何のために杜氏、蔵人たちが寒さに凍えながら、寒造りに格闘しているのかを、荻原さんとの対話からご紹介したいと思います。

「日本酒と同じ、食中酒であるワインは、新酒が出ると、今年の出来映えはどうだ、なんて、去年までの味と比べていますよね。でも日本酒は……」

「日本酒にはそれは許されません。気温や天候、気象条件が違っても、毎年、変わらない『浦霞』の味をお客様にお届けしなければならないのです。ほんの微妙な差でも、『変わったね』と言われますから」

毎年、毎年、まっさらなお酒。でも味わいは、日本に生まれたことの喜びを与えてくれる変わらない旨さ。

それが名門ということなのですね。荻原さん、寒造りの忙しい時期に、ほんとうにありがとうございました。

 

取材協力:浦霞醸造元(株)佐浦

イラスト:青野 達人

次回は3月8日(金)掲載。テーマは、「『若者の酒離れ』は、本当か?」です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT