都会のサードプレイス、バー活用法(上)

実際に飲んでいるのは、あなたによく似たこんな人たち。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

この連載は、若手ビジネスパーソンの方たちに向けた、

「職場でもなく、自宅でもない、第三の場所(サードプレイス)としてバーを活用してみては?」

という提案を目的に書かせていただいています。

興味はあるけど、バーってなんとなく敷居が高い感じがする。そんな方のため、2回に分けて、実際に飲みに来ている(=サードプレイスとして活用してくださっている)お客さまをご紹介していきたいと思います。

後半の、「酒は大人の教養である」、今回と次回は、日本酒のお話。蔵元さんに直接お聞きした、蔵の歳時記です。

 

「バーは、行かないの?」

これは、TBSで毎週日曜日、11時30分から放映されているトーク番組「アシタスイッチ」で、脚本家の北川悦吏子氏がお笑い芸人ピースの又吉直樹氏に言った言葉です。

昨年の11月25日に放映されたこの回のメインは、彼女いない歴5年の又吉氏が、恋愛ドラマのカリスマ脚本家・北川氏に、本気の恋愛相談をする、というシーン。

 

「彼女が欲しいのに出会いがない」

という又吉氏に対し、北川氏は、

「人には、家庭と職場(とは別に)、3つめの場所が必要なのよ」

と、まさに、サードプレイスとして、行きつけのバーをつくることをすすめています。

次ページ「出会い」もまた、バーの魅力のひとつ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT