都会のサードプレイス、バー活用法(上)

実際に飲んでいるのは、あなたによく似たこんな人たち。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

この連載は、若手ビジネスパーソンの方たちに向けた、

「職場でもなく、自宅でもない、第三の場所(サードプレイス)としてバーを活用してみては?」

という提案を目的に書かせていただいています。

興味はあるけど、バーってなんとなく敷居が高い感じがする。そんな方のため、2回に分けて、実際に飲みに来ている(=サードプレイスとして活用してくださっている)お客さまをご紹介していきたいと思います。

後半の、「酒は大人の教養である」、今回と次回は、日本酒のお話。蔵元さんに直接お聞きした、蔵の歳時記です。

 

「バーは、行かないの?」

これは、TBSで毎週日曜日、11時30分から放映されているトーク番組「アシタスイッチ」で、脚本家の北川悦吏子氏がお笑い芸人ピースの又吉直樹氏に言った言葉です。

昨年の11月25日に放映されたこの回のメインは、彼女いない歴5年の又吉氏が、恋愛ドラマのカリスマ脚本家・北川氏に、本気の恋愛相談をする、というシーン。

 

「彼女が欲しいのに出会いがない」

という又吉氏に対し、北川氏は、

「人には、家庭と職場(とは別に)、3つめの場所が必要なのよ」

と、まさに、サードプレイスとして、行きつけのバーをつくることをすすめています。

次ページ「出会い」もまた、バーの魅力のひとつ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。