都会のサードプレイス、バー活用法(下)

実際に飲んでいるのは、あなたによく似たこんな人たち。

「つまり、自分勝手に、『一人の国』と、『一人じゃない国』を行き来できるという、『ワガママな世界』が好きなんです」

ラジオという「声」の世界、そして番組づくりを何よりも愛している今浪氏、でもやはり、できる男特有の、難易度の高いストレスはあるようで。

きょうはいつもよりグラスの空くのが早いなぁ、と思うときもありますが、

「どんなに飲んでも、最低限歩いて帰るくらいのパワー、マナーは残して酔う。そんな緊張感も快いので、一人飲みは好きですね」

グラスを片手に、自分の世界を、自由に出たり入ったり。

バーの使い方の、ひとつのゴール。

今浪くん、これからもよろしく。わたしも引き続き、ワイン選び、がんばります。

「ネットでは、探さないです」

あやこちゃんは、パリに本社をおく、某老舗ブランドの販売員。生まれ育った地方都市から、数年前の転勤で東京にやってきました。Hollyには、昨年半ばから通ってくださっています。

「バーは、好きですね。バーにひとりで行くのは、楽しみたいときかな。元気なときも、落ち込んでるときも、そうですね、楽しみたいとき。うん」

だからでしょうか、あやこちゃんが、ガラス窓からいたずらっ子みたいに顔をのぞかせた後、赤いドアを開けて入ってくるときに、いつも、(じゃーん!)と音が鳴るような気がするのは。

むろん、身につけているのはすべて、お勤めのブランドのもの。いやいやそのおしゃれっぷりといったら。

初来店のときから、以前からの常連さんたちにとけ込んで、とてもバーに慣れている感じ。

いつもお気に入り仕様のスマホから、いろんな楽しい画像を取り出して、話題を作ってくれるので、バーを探すのも得意なのかなと思って尋ねたら、見出しのとおり「ネットでは探さないです」との返事が。

次ページなぜ?そして、ネットでなければどう探す?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。