アップルCEOの母校の、超プレゼン特訓法

米国人のプレゼンは、ジョブズ並みって本当?

この授業は、20人の少人数制。毎回、必ず1人5分程度の発表をしなくてはならない。第1回目は「自己紹介」、第2回目は「私の好きな企業」など、簡単なお題だが、回を重ねるごとに、グループプレゼンテーション、Q&Aセッション、即興プレゼンテーションなど、難易度が増していく構成になっている。

第1回目の授業は、2001年にスティーブ・ジョブズがiPodを世界に発表したときのプレゼン映像から始まった。デュークは、アップルの現CEO、ティム・クック氏の出身校だけあって、「プレゼンのお手本はスティーブ・ジョブズ」なのだそうだ。

デュークは、アップルCEO、ティム・クック氏の母校だ(Getty Images)

授業の終了後、大橋さんが意外に思ったのは、アメリカ人学生も結構プレゼンが下手だということだ。アメリカ人はみんなスティーブ・ジョブズ並みにプレゼンができると思ったら大間違いだった。

「最初の頃は、顔を真っ赤にして話す人とか、声が上ずってしまう人とか、まともにプレゼンができない学生がかなりいましたね。アメリカ人と言えばプレゼン上手という印象がありますが、それはたまたま企業や学校で訓練された、上手な人たちが表に出ているから。普通の学生は、僕たち日本人とそんなに変わりません」

この授業の特徴は、とにかく細かく、「他人からの指摘」があることだ。

時にはビデオ撮影をされ、立ち位置やアイコンタクトの仕方、マイクの渡し方、ジェスチャー、話すスピードまで、微に入り細にわたって、先生やチームメイトから指摘をされる。

名物の”プレゼン特訓”授業を教える、マーク・ブラウン教授(参照元はこちら

とはいえ、フィードバックの基本は「まずは、たくさん褒める」。そして「気になった点は、褒めたうえで、“建設的に”指摘する」というのがデューク流だそうだ。

「最初、君が下を見ていたのが気になったよ。でも後半、前を向いて、左から右へ向かってしっかりアイコンタクトができていたね」

「出だしはすごくよかったよ。でも、ここの部分、話すスピードが少し速かったね」といった具合だ。

授業が進むにつれ、大橋さんも、デュークの「ベタ褒めカルチャー」に、すっかりやる気になり、チームメートを相手に特訓を重ねた。

次ページプレゼン上手になる秘訣
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。