アップルCEOの母校の、超プレゼン特訓法

米国人のプレゼンは、ジョブズ並みって本当?

「デュークでは、チーム全員で話し合いながら進めていきますが、インドでは完全に個人プレー。仮にチーム全体に課題が出されても、『今回の宿題は私』『次回はあなた』というふうに交代制。

全部自分1人でやることが基本で、チームで話し合うということは、デュークに比べると圧倒的に少ないですね。個人の成績が就職に直結することもあり、学生同士の競争も激しく、徹底した個人主義には驚かされました」

デューク大学フュークアビジネススクール
アメリカ東部ノースカロライナ州、デューク大学の経営大学院。1969年創立で米トップビジネススクールの中で最も新しい学校の1つ。学生数は1学年約450人、留学生比率40%と多様性を重視した校風。ヘルスケア、環境分野などのプログラムが充実していることでも有名。アップル社の現CEO、ティム・クック氏の出身校でもあり、同社へ就職する学生も多数。グローバルプログラムにも積極的に投資しており、2014年より中国崑山校が開校予定。 http://fuquajapan.com/

そうはいうものの、一緒に時間を過ごせば、親しい友人もできる。学生寮のルームメートを含め、インド人とのネットワークは確実に広がった。

「ルームメートからは『ビジネススクールは、ホントのインドじゃないよ』とよく言われます。確かに5つ星ホテルの真横にスラム街があり、その横を牛が通る国です。高級ホテルのような寮の設備は、この国では特殊な部分だということが、インドを旅してみてよくわかりました。

想像を超える格差社会の中で、勝ち抜いてきたトップ層はものすごく優秀。この留学でできたネットワークは10年後、20年後、僕の財産になると思います」

インドで「どこでも生きていける自信」が高まったという大橋さん。卒業後は、起業するか、日本企業のアジア進出を手伝うか検討中とのことだが、どんな形であれ、インドとはかかわっていきたいとのこと。

協調的なデュークと、個人主義的なインドのビジネススクール。2つの異なるMBAを体験した大橋さんはどのような選択をするのか。卒業を迎える今年の春が楽しみだ。


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。