アップルCEOの母校の、超プレゼン特訓法

米国人のプレゼンは、ジョブズ並みって本当?

「プレゼンは、事前の準備と特訓がすべてではないでしょうか。原稿もメモも持たないのが、こちらのプレゼンの基本ですから、プレゼンコメントはもちろん、想定される質問に対する答え、予期せぬ事態への対応コメントなど、すべて暗記してから、授業に出席しましたね。さすがに即興のお題のときだけは、つらかったですが」

大橋さんがこの授業の威力を感じたのは、夏休みにインターンとして外資系製薬会社で働いたときだ。

「英語でプレゼンテーションをする機会があったのですが、自分でも驚くほど、スムーズにできました。デュークで週に2回、4カ月にわたって、特訓した成果だと思っています」

英語のプレゼンテーションは、とにかく訓練することが大切。生まれ持った才能や、英語の能力を言い訳にしないで、実直に努力することの大切さを学んだ授業だった。

英語下手で解雇寸前…そこからの起死回生

渡米から半年も経ち、留学生活にも慣れてくると、ついつい楽なほうへと流れがちになる。そんな大橋さんの気持ちを再び引き締めてくれたのは、台湾出身のケビン・シャン助教授だ。

大橋さんが影響を受けた、ケビン・シャン助教授

シャンさんは、デューク・フュークアでも指折りの人気を誇るオペレーションの先生。工場運営や物流ロジスティクスなどの専門家で、わかりやすい事例とウイットを交えた講義で、「Operation Management」(オペレーションマネジメント)は評判の授業となっている。

大橋さんがシャンさんと出会ったのは、MITスローンスクールのオペレーションクラブが主催するコンペ、Operations Simulation Competition(オペレーション競技会)に参加したときだ。

全世界から145のチームが、72時間にわたって、オンライン上でオペレーション力を競うコンペで、優勝賞金は3500ドル。ビジネススクールの学生が多く参加している。

大橋さんは中国人、台湾人、タイ人の学生とチームを組んでコンペに参加する際、オペレーションのプロであるシャンさんにアドバイスを求めに行ったのだ。

次ページ英語下手で解雇寸前…さてどうする?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。