「アップル神話」崩壊? 株価下落止まらぬワケ

株価はピークから35%下落

アップルの株価下落が続いている。1月23日に発表した2013年度第1四半期決算(12年10~12月)は、売上高こそ前年同期比18%増と高成長を維持したものの、純利益は前年同期比0・1%増と横ばい。決算発表時点では500ドル近辺だった株価の下落は止まらず、1月25日には440ドルを割り込んだ。昨年9月の700ドルと比べると35%も落ち込み、1年ぶりに株式時価総額ナンバーワンの地位をエクソンモービルに明け渡した(図)。

次ページ来四半期からは減益に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。