「アップル神話」崩壊? 株価下落止まらぬワケ

株価はピークから35%下落

アップルの株価下落が続いている。1月23日に発表した2013年度第1四半期決算(12年10~12月)は、売上高こそ前年同期比18%増と高成長を維持したものの、純利益は前年同期比0・1%増と横ばい。決算発表時点では500ドル近辺だった株価の下落は止まらず、1月25日には440ドルを割り込んだ。昨年9月の700ドルと比べると35%も落ち込み、1年ぶりに株式時価総額ナンバーワンの地位をエクソンモービルに明け渡した(図)。

次ページ来四半期からは減益に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT