「アップル神話」崩壊? 株価下落止まらぬワケ

株価はピークから35%下落

改善が進まない地図

一方で、スマートフォンやタブレットの強敵であるサムスン電子は12年10~12月に前年同期比89%増の営業利益を記録するなど、絶好調だ。

サムスンは、スマホでは世界シェアトップの座を固め、アップルとの差を広げている。サムスンの強みはフラッグシップである「ギャラクシーS3」に加え、5・5インチの大画面ノートタイプ、キーボード付きスライド型、機能を絞った廉価モデルなど、さまざまなバリエーションがあることだ。

特に欧州では圧倒的な高シェアを達成し、現在はアップルのおひざ元である米国市場を攻めている。このサムスンに対抗するための商品ラインナップを示せるかどうかが、これ以上の沈没を防ぐためのカギとなる。

クックCEOが掲げる「顧客に愛される、すばらしい商品を作る」という方針を徹底できるかどうかも、重要なポイントだ。昨年9月、アップルはiOS6のリリースと同時に、標準地図として採用していたグーグルの地図と決別し、自社開発の地図へ切り替えた。これが非常に劣悪で、クックCEOはユーザーへ謝罪。改善が進むまでは他の地図アプリを推奨する異例の事態になったことは記憶に新しい。

しかし、自社開発地図の改善は一向に進んでいない。1月29日にはiOSをバージョンアップしたが、相変わらず伊勢湾はフィリピン海と表示され、日本各地にハングルの地名表示が散見される。グーグルの地図アプリを使いたいと思っても、メールや予定表などのアプリケーションとリンクする地図はアップル製に限られる。なぜ不便な状態を放置しているのか。「顧客に愛される商品」の基準が大甘になっているとしか思えない。

クックCEOの最近のコメントをトレースすると、リビングルームのテレビ関連の新事業を準備しているようだ。そこでアイフォーン、アイパッドのような圧倒的な魅力を示せなければ、いよいよ厳しくなるだろう。

(撮影:Getty Images =週刊東洋経済2013年2月9日号)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。