ソフトバンク孫社長、「ドコモに並ぶ」宣言

業績は好調、弱点だった電波状況の改善も猛アピール

「ドコモに並びたい」。

ソフトバンクの孫正義社長は宣言した。

1月31日、ソフトバンクは2013年3月期第3四半期(12年4~12月期)決算を発表。都内で記者会見に臨んだ孫社長は、次年度となる13年度(14年3月期)の業績について、国内だけで8000億円(従来の会計基準ベース)程度の営業利益を達成できるとの見通しを示した。会見で孫社長が明言したように、これは、携帯電話国内首位のNTTドコモと並ぶ水準である。

海外を含めた連結営業利益は、米国の携帯電話大手スプリント・ネクステルの買収に関連する一時的な費用を含めて7000億円程度が最低ラインになるとした。これはスプリントが完全子会社化を発表している、高速通信のWiMAX事業者「クリヤワイヤ」(現在、他社からも買収の提案を受けている)の業績も加味した数値だという。さらに、14年度には海外を含めても最高益を更新できるとしている。

第3四半期は利益2ケタ増

孫社長が強気な見通しを示すのは、足元の業績が好調に推移しているからだ。同日発表した、12年4~12月決算は、売上高が前年同期比4.7%増の2兆5097億円、営業利益は同12.6%増の6001億円、経常利益は19.3%増の5294億円と増収増益だった。

一方、純利益は同5・9%減の2353億円と後退した。これは米国ヤフーの株売却益など、前期に巨額の特別利益を計上していたためだ。孫社長は通期の営業利益について、「7000億円は確実に上回るだろう」と説明した。

次ページドコモ、KDDIとの差は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。