ソフトバンク孫社長、「ドコモに並ぶ」宣言

業績は好調、弱点だった電波状況の改善も猛アピール

携帯電話は米アップルの人気スマートフォン「アイフォーン(iPhone)」やタブレット端末「アイパッド(iPad)」などの販売好調で契約数を拡大。アイフォーン5では「販売台数でKDDIを大きく上回った」(孫正義社長)という。次世代高速通信規格「LTE」対応スマホの契約が増加したことで、データ通信収入が増加。傘下のヤフーも、宮坂学社長の下、スマホへの広告掲載を伸ばし、利益成長が加速。固定事業も接続料の減少などで利益を伸ばしている。

昨年に発表したスプリント・ネクステルの買収資金については、調達はすでに完了しており、全額を為替予約済み。スプリント経営陣とは毎週火曜日のテレビ会議に加え、2週間に1度は日本や米国で両首脳陣が直接ミーティングを重ねているという。また、買収に伴い、14年3月期の第1四半期から国際会計基準(IFRS)を適用することも発表した。

「ドコモやKDDIに負けないレベルに改善」

今回の会見で、孫社長が最も時間を割いて強調したのが、同社のネットワーク品質だった。

LTEの通信速度については、測定アプリ「RBB TODAY」の調査やMM総研、ICT総研などの第三者の調査で評価されているとし、音声通話の接続率の調査でも、プラチナバンド基地局の建設が進んだことで、「少なくともドコモやKDDIに負けないレベルに改善した」とし、データ通信の接続率も、ヤフーの防災速報アプリ等による調査で「ドコモやKDDIを上回っている」とアピールした。

「何かの間違いかもしれないし、勘違いかもしれない」などと会場の笑いを誘いながら説明した孫社長だが、「各メディアでもぜひ検証してほしい」と語るなど、自信をのぞかせた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。