「ロボット掃除機」で時短するにはコツがある

フローリングなら「ふき掃除」ロボで十分

ロボット掃除機の先駆者、アイロボットの最上位モデル「ルンバ980」(実勢価格12万7000円)

日々の家事の中で最も自動化が遅れているのが掃除だ。ご飯は炊飯器が自動的に炊いてくれるし、洗濯物は洗濯機が洗って、乾かしてくれる。掃除だけは自動化が難しいと思われてきたが、近年、多くのメーカーからロボット掃除機が発売されるようになり普及が進んでいる。その結果、掃除能力やナビゲーション能力が大幅に進化している。では最も時短できるロボット掃除機はどれなのだろうか。最新ロボット掃除機の選び方を解説しよう。

ロボット掃除機の代名詞「ルンバ」

この連載の一覧はこちら

ロボット掃除機を語るうえで欠かせないのが、アイロボットの「ルンバ」だ。ロボット掃除機は2000年前後に日本、米国、欧州の家電メーカーが研究開発をスタート。製品も一部発売されたが、その頃からロボット掃除機を開発、販売し続けてきたのはアイロボットだけだ。このため、ルンバには蓄積された技術とノウハウに一日の長があるといえる。

現在、ルンバは最上位機種の900シリーズを筆頭に、800シリーズと600シリーズをラインナップしている。ではどれを選ぶといいのだろうか。

マンションに家族で住んでいて、複数の部屋を掃除する人なら、フラグシップの「ルンバ 980」(実勢価格12万7000円)がオススメだ。シリーズで唯一搭載するカメラとフロアセンサーが自位置をしっかりと把握し、複数の部屋を効率よく掃除することができる。

アイロボット「ルンバ876」(実勢価格7万円)

1LDKに住んでいる人や、リビングダイニングなど1部屋ずつしっかり掃除できれば十分という人は、「ルンバ876」(実勢価格7万円)を選ぶといい。ルンバに搭載する人工知能が、毎秒60回状況判断を行いながら、縦横無尽に室内を走り、掃除してくれる。同じ場所を複数回、異なる角度から通過することで、もれがなく、掃除してくれるというわけだ。

次ページさらに強力な機能も搭載
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT