「転勤する夫に帯同すべき」とは断言できない

将来、相手を責めない覚悟はありますか?

私は目先、夫の転勤を気にしなくていいけれど、それでも、たとえば「海外で遅ればせながら勉強したい」とか「地方の会社のプロジェクトに参加したいからそちらに住みたい」とか言い出されることはいつでもありえると思っています。彼はきっと私に「ついてこい」とは言わないでしょう。「いかないで」と言われるとも思っていないと思います。彼はきっと、「ボクはこうしたいけど、あなたはどうする?」と聞くと思います。

それは、私を尊重したいから、といったかっこいい理由だけじゃなくて、「あなたの人生を全部負わさされても困る」ということでもある、と私は思っているのです。つまり、「あなたが決めてください。ボクは努力はしても、責任を取れないことだってあるよ」という気持ちであると。もっと言うと、「ボクの人生もボクが決めたい」と思っているに違いありません。

自分を犠牲にすると、誰かのせいにしたりする

かつて私が20代半ばで独身だった頃、当時恋人だった夫にお酒の席で「私は結婚したら、相方が何かに挑戦したい勝負時には、私が食べさせるから心配しないでやりなよ、と言えるオンナになりたい」「ヒモにできる自活力を持ちたい」と言ったのだそうです。酔っぱらっての発言で記憶もなく、そんな度胸もないはずなのだけれど、心のどこかでそんなオンナになりたい、と私は今でも思っているような気がします。

そうして考えても、私は「何もかもあきらめてあなたと一緒にいる」と答えるタイプではありません。強くてかっこいい女性像に憧れている、というだけではなくて、私自身が弱っちいヤツで、「涙をのんで」「自分を犠牲にして」何かを判断した後、きっと未練がましい気持ちになったり、「私の人生、どうなっていくんだろう」などと誰かのせいにしたりするだろう、と思うからでもあります。

また、相方に「わかった、君がそんなに反対するならやめておく」と言ってもらったとしても、将来相手から「お前のせいで」とは絶対思われたくない、ということでもあるわけです。

だから、私なら、自分で「どうしても一緒に行きたい」と思わなかったら、単身赴任してもらうことにすると思います。でも、逆に「一緒に行きたい」と自分で決めることができたら、一緒に行く、ということでもあります。

次ページどんなことも考え方次第で「アリ」になる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT