「転勤する夫に帯同すべき」とは断言できない

将来、相手を責めない覚悟はありますか?

いまや、女性の側に転勤があったときに、「ひとりで赴任するか、辞めるか、夫に仕事を変えてもらって一緒にきてもらうか」と悩むケースも増えてきたように思います。本当に夫婦や家族の形も多様になり、選択肢も多くなりすぎていて、いざその立場になってみると、とても悩ましいことでしょう。

私自身は、夫に転勤という内示が出た経験もなく、すでに独立して自分で仕事をしている彼に「転勤」はもうないだろうと思います。私の周りの仕事を持つ女性を見ると、あなたと同じようにご主人が地方に転勤になったとき、「ついていく」と判断した人は、実はあまりいません。

友人がみんな「仕事が大好き」というタイプかというとまったくそんなこともないですし、かといって「ダンナがいないほうが楽だわ」と言ってしまうタイプも多くありません。子どもの学校、仕事のこと、実家などの環境、自分の居心地、いろいろ考えて話し合い、「とりあえずは単身赴任から始めてみて、それから考えよう」という結論に至り、「とりあえず」のまま3年ほど経ってご主人が戻ってきた、といったパターンも多いです。

自分の進路は「自分で考えて決める」

夫婦や家族は一緒にいるべきだ、というのは、「できるかぎり」という但し書きつきですが、私も同じように考えます。でも、誰かが「涙をのんで」でも一緒にいなければならない、とは思いません。

特に夫婦の場合、結婚して10年も経てば、恋愛時代のような「会いたくてたまらない」「ずっと一緒にいたい」という高い温度の情熱が続いていることは、まれではないでしょうか。それよりは、家庭での役割分担をしてもらえなくなるのが「痛いなぁ」「困るなぁ」といった感情を抱くことのほうが多いかもしれません。

茶化すつもりはありませんが、あなたの純粋なご主人への気持ち、ちょっと懐かしいかも。そして羨ましくもある(笑)。でも、そんなあなたにも、やっぱり、ご主人のために、「涙をのんで」帯同するのはよくよく考えたほうがいいよ、と私はアドバイスしてしまいます。

生きること、働くこと、家族のカタチ、本当にさまざまな価値観が、少しずつですが、多くの人たちに受けとめられるようになってきたと思います。そんな中で、夫婦それぞれが働く環境を変えなければならないとき、その変化は、ポジティブなものもネガティブなことも、自分で選び取ったものも与えられたものも、多種多様でしょう。だからこそやっぱり、相方としては、自分の進路は「自分で考えて決める」ということが、最後はとても重要な気がするのです。

次ページ自分で判断することが重要な理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT