「赴任先について来ない妻」と離婚できますか

正当な理由があれば、義務違反にならないが

妻が「仕事を辞められない」からと、単身赴任先についてきません。離婚できますか?(写真:xiangtao / PIXTA)

家族と離れ、ひとり遠くの土地へ……「単身赴任」の経験者からは、「さみしくて精神崩壊しそうだった」などの声がネット上で散見されます。

いずれ家族と同居できると思えば、さみしさも我慢できるかもしれません。ただ、同居する家族にも、同行できない様々な事情があります。

弁護士ドットコムの法律相談コーナーに相談を寄せたある男性は「いつまでたっても妻が赴任先にこない」と嘆いています。「5年前から地方に単身赴任している」という男性。赴任当初、妻は「1年後にそっちに行く」と言っていたそうですが、「仕事を辞められない」などと理由をつけ、結局、単身赴任生活は5年も続いているそうです。

その別居に「正当な理由」はあるか?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

妻も働いており、男性の転勤生活が何年続くかも不明なため、妻側にも言い分はありそうです。しかし、男性は「夫婦を続ける意味が分からない。このまま別居が続くなら、離婚も考えたい」とまで考えるようになりました。

離婚の話し合いが夫婦間でまとまらない場合、調停、裁判で決着をつけることになります。夫の単身赴任先に妻がついてこないという理由で、離婚が認められる可能性はあるのでしょうか? 澤藤亮介弁護士に詳細な解説をしていただきました。

A.「正当な理由」がない別居は、離婚理由にあたる可能性あり

夫婦には同居義務があると法律に明記され、協力義務や扶助義務とともに夫婦が負うべき義務とされています。それらの義務の中でも同居は、結婚生活における本質的な要素と考えられています。

次ページ実際には、こんな点を総合的に判断される
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。