転勤族妻の悩み「どうキャリアを築くべきか」

「キャリアの一貫性」を保つことは可能だ

夫が転勤族の場合、妻のキャリア構築はどうすればよいのでしょうか?(写真:にこまる / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。私は24歳、子なし、転勤族の主婦です。学生の頃から福祉の勉強をし、介護福祉士と社会福祉士の資格を取得しました。大学卒業後、介護職に就きましたが、体力的、精神的に限界を感じ、1年未満で退職しました。
その後、キャリアの方向性が定まらず、事務のパートを続け、今に至ります。理想は20代のうちに正社員として社会復帰をしたいです。しかし現実は転勤族であるため、パートで一生を終えるとも思っています。
いずれにしても、何か強みになるキャリアが欲しいと思っています。何か情報や知恵をお貸しいただけないでしょうか。よろしくお願い致します。
主婦兼パート みずた まり

キャリアの一貫性を保つことはできる

この連載の過去記事はこちら

転勤族であるご主人の引っ越しに伴って、みずたさんも生活拠点を移動する、という前提と判断します。それにしてもまだ24歳ですから、可能性は無限大です。特にみずたさんは学生の頃に2つの資格を取得するほど能力があるのですから、ぜひ、ご自身に合う形でいろいろと挑戦していただきたいものです。

さて、確かに生活拠点が転勤により数年に1度などの単位で変わってしまうと、仕事という面では一貫性が担保できないかもと悩む気持ちもわかります。しかし、キャリアの一貫性を保つことは可能です。

次ページ「転勤前提」の職場もある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。