転勤族妻の悩み「どうキャリアを築くべきか」

「キャリアの一貫性」を保つことは可能だ

どんな分野であれ、突出した経験とスキルを身に付けられれば、正社員としてその分野で採用される確率も高まるはずです。転勤族への対応が整備された会社に出合える可能性も高まるのではないでしょうか。

チャンスが巡ってきたときにつかめるかどうかは、日々の努力次第です。「正社員でなければ嫌だ」という考えから仕事を選ぶよりも、まずは自分の代名詞となる仕事上の経験を積むほうが、自分が求めているポジションに出合える近道なのかもしれません。

家族のかたちも仕事の考え方も人それぞれですが、やはり自分の人生の優先順位をよく考えて、その高いものに合わせて、ほかのことをうまく調整していく能力が求められます。

みずたさんにとっては、ご主人と同じ場所で生活されるということが何よりも優先順位の高いことなのでしょうから、仕事のかたちは、そのことと両立できるように考えるべきです。

自分なりの働き方はできる!

実際に私の友人でも、家族の希望や子供の教育を考え、家族との生活拠点を海外に置き、仕事はネットや数週間おきの出張でカバーするというかたちで働いている人が複数います。

それぞれ自分たちの考える幸せのかたちを追求するべく、工夫を凝らして生きていきたいものです。みずたさんがそのような家族のかたちと、それに合う仕事を見つけられるよう応援しております。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。