「転勤する夫に帯同すべき」とは断言できない

将来、相手を責めない覚悟はありますか?

好きな仕事は、今の会社でなければできないとは限らない。新しい環境で、新しい素敵な友人と巡り合うかもしれない。妊活に向けて生活や体を整えるいい機会になるかもしれない。一方、単身赴任の場合には、夫とはずっと一緒にいなくても、さらに親友的な関係になれば、恋愛時代のように素行の心配をしなくていいかもしれません。どんなことだって、考え方次第で、「アリ」になるんだと思うのです。

自分で決めたことなら、前を向くことができる

あなたも、あなたの選択の後にどんな未来が待っていても、「あなたのために、あの時、あの判断をしたのよ!」などと思わないで済むように判断することをお勧めします。どんなことがあっても「まぁ自分で決めたことだけど」と思えたら、また自分で前を向くことができるはずだ、と私は思います。

判断するタイミングで、「きっと将来、後悔することになる」という予感がするけれど、「でも今は、こうしたくてウズウズする!」「逃げるようだけど、どうしてもこの場を去りたい!」ということだってあるでしょう。それも自分自身で決めた、となれば、しっかり受けとめられると思うのです。

ご主人の内示はまだ出ていないけれど、「きた!」と覚悟する気持ちや、「どうしよう」と迷う気持ち、揺れる気持ち、すごくよくわかります。愛する家族のチャンスだからこそ、自己犠牲の精神も働いてしまうし、「妻は夫についていくべき」というような既成の概念だって頭をもたげてくるでしょう。ご主人の希望に応えたい、とも思うでしょう。

だけど、やっぱり、あなたが自分の人生を自分で取捨選択して生きているから、あなたは輝いているのです。そんなあなたのことを尊重していれば、ご主人は迷いも含めて受け止めてくれると思います。たくさん話し合って、悩んで、ご自分で決めてください。どうか「涙をのんで」決めることだけはしないでくださいね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT