ベントレー、3500万円超の車は何がスゴいか

旗艦の新型「ミュルザンヌ」に乗ってみた

インスブルック空港で待機していたミュルザンヌ。手前は新登場のEWB

ベントレーの旗艦モデル「ミュルザンヌ」がリファインされ、2017年モデルとして登場した。試乗会の舞台となったのは初夏のオーストリア。スタンダードモデルのミュルザンヌと、そのスポーツバージョンであるミュルザンヌ スピードの2台をテストした。

非日常的異次元感覚が待っていた

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

19人乗りの双発のプロペラ機がインスブルック空港に到着すると、空港滑走路の駐機場の近くに新型ミュルザンヌが10台ほど並んで待っていた。おおおおっ!なんてVIP待遇なんだァと感激しながら、新型ミュルザンヌの後席に乗り込む。これからホテルまでショーファードリブンで運ばれる。なんてVIP待遇なんだァ!

後席を覗くと、とびきり高級なウッドとレザーであつらえられた特別な空間が広がっている。おおおおっ!メチャクチャ足元が広い。シートは飛行機のビジネスかファーストクラスみたいに足を伸ばせるようになっている。今回初登場したエクステンデッド・ホイールベース(EWB)に筆者は当たったのだ。(※日本への導入予定はなし)

粛々と走る新型ミュルザンヌEWBのリアの長い長いサイドウィンドウから景色を眺めていると、おのずと黒いカーテンが付いていることに気づく。カーテンは窓ガラスの開閉スイッチを押し続けると開いたり閉じたりする。天井にはリアの住人のためのガラスサンルーフが付いている。カーテンがスーッと閉じると室内は暗くなる。後ろの窓にもカーテンが付いていて、これもスイッチひとつで開閉できる。ますます暗くなる。

白昼、インスブルック空港からドイツ側へと向かうミュルザンヌEWBの後席住人たちはアルプスの景色を眺めることもなく、何をしているのであるか……。隣に座っているのは見知らぬ外国人の同性であったけれど、ちょっとドキドキした。カーテンを開けると明るくなって、ふと我に返った。

次ページ星形ホイールのスポーク発見!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。