ランボルギーニはなぜここまで急成長したか

「過去15年で販売12倍」の軌跡を追う

最新モデルのランボルギーニ・ウラカン。価格は2462万円からだ

「ランボルギーニ」の名前を知らない自動車好きは皆無だろう。フェラーリと同じくイタリアの片田舎を発祥とするスーパーカーメーカーだ。「カウンタック」「ミウラ」など往年の名モデルは1970年代のスーパーカーブームの一翼を担ったことでも知られる。今の40歳前後の男性なら、「子どもの頃にカウンタックのミニカーを持っていた」という人は少なくないはずだ。

自動車好きが憧れる世界のスーパーカー

ランボルギーニ・アヴェンタドールは、価格が4317万円からという庶民にはおよそ手の届かないスーパーカーだ

フェラーリとはまた違うテイストながら、誰が見ても「カッコいい」と感じるデザイン。圧倒的な走行性能。最新モデルの「ウラカン」で2462万円から、「アヴェンタドール」で4317万円からという庶民にはおよそ手の届かない価格帯――。ランボルギーニは、自動車好きが憧れる世界のスーパーカーとしての最前線を走り続けてきている。

画像を拡大
2015年の全世界販売台数は3245台まで拡大

そのランボルギーニが2000年代に入って、自動車メーカーとして急成長していることをご存じだろうか。2000年は296台に過ぎなかったが、2015年の全世界販売台数は3245台。前年(2014年)から28%伸び、5年連続で増加しただけでなく、15年前と比べると約12倍まで拡大している。

世界一の販売台数を競うトヨタ自動車やフォルクスワーゲン(VW)の年1000万台レベルと比較すると、「こんなに少ないのか」と驚かれるかもしれないが、スーパーカー界の絶対王者であるフェラーリとて年間販売台数は7000台程度。ごく少量の販売でビジネスを成立させるのが、このイタリアスーパーカーマーケットの極意である。そのランボルギーニの歩みをここで振り返ってみたい。

次ページランボルギーニの歩み
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。