ランボルギーニはなぜここまで急成長したか 「過去15年で販売12倍」の軌跡を追う

拡大
縮小
最新モデルのランボルギーニ・ウラカン。価格は2462万円からだ

「ランボルギーニ」の名前を知らない自動車好きは皆無だろう。フェラーリと同じくイタリアの片田舎を発祥とするスーパーカーメーカーだ。「カウンタック」「ミウラ」など往年の名モデルは1970年代のスーパーカーブームの一翼を担ったことでも知られる。今の40歳前後の男性なら、「子どもの頃にカウンタックのミニカーを持っていた」という人は少なくないはずだ。

自動車好きが憧れる世界のスーパーカー

ランボルギーニ・アヴェンタドールは、価格が4317万円からという庶民にはおよそ手の届かないスーパーカーだ

フェラーリとはまた違うテイストながら、誰が見ても「カッコいい」と感じるデザイン。圧倒的な走行性能。最新モデルの「ウラカン」で2462万円から、「アヴェンタドール」で4317万円からという庶民にはおよそ手の届かない価格帯――。ランボルギーニは、自動車好きが憧れる世界のスーパーカーとしての最前線を走り続けてきている。

画像を拡大
2015年の全世界販売台数は3245台まで拡大

そのランボルギーニが2000年代に入って、自動車メーカーとして急成長していることをご存じだろうか。2000年は296台に過ぎなかったが、2015年の全世界販売台数は3245台。前年(2014年)から28%伸び、5年連続で増加しただけでなく、15年前と比べると約12倍まで拡大している。

世界一の販売台数を競うトヨタ自動車やフォルクスワーゲン(VW)の年1000万台レベルと比較すると、「こんなに少ないのか」と驚かれるかもしれないが、スーパーカー界の絶対王者であるフェラーリとて年間販売台数は7000台程度。ごく少量の販売でビジネスを成立させるのが、このイタリアスーパーカーマーケットの極意である。そのランボルギーニの歩みをここで振り返ってみたい。

次ページランボルギーニの歩み
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT