ランボルギーニはなぜここまで急成長したか 「過去15年で販売12倍」の軌跡を追う

拡大
縮小
ランボルギーニ・ディアブロ VTは、名車「カウンタック」の後継車種でもある

2015年に大きく販売が伸びたのは、V10エンジン搭載のニューモデルで2014年3月に発表された最新モデル「ウラカン」の人気と、その量産体制が確立されたことが大きい。

実は日本での販売が好調で、北米、中国に次いで世界で3番目にランボルギーニが売れる市場に育った。

アウディの傘下になったことで転機が訪れる

1990年代後半のランボルギーニは唯一のモデルである「ディアブロ」に数々のバリエーションを追加しながら3ケタ前半という年間販売台数で、細々と生き延びていた。後述するが、その転機は1999年にアウディの傘下に入り、VWグループ入りしたことに発する。

ランボルギーニ・ムルシエラゴは、ランボルギーニがアウディ傘下に入った後に発売された最初の車種である

ランボルギーニは、ディアブロをベースに改良を加えた「ムルシエラゴ」を2001年に投入。その後、新たにV10気筒エンジンを搭載した量産モデル「ガヤルド」をラインナップに加える。これまでほとんどがハンドメイドで作られていたランボルギーニが大きく変わったのがこのあたりだ。

ランボルギーニ・ガヤルドはランボルギーニ史上最多の販売台数だった

筆者が当時、ランボルギーニの組み立てラインを取材した際、エンジニアはそこで作られていたムルシエラゴを指さしながら、「今時、こんな手のかかる組み立てをしているメーカーはほかにありませんよ。エンジンを載せるだけでも、ほら、こんなにパズルみたいなことやっているのですから」と語った。「それを分解して整備するほうも、それ以上に大変なんですけど……」と思いながらその話を聞いていたのを思い出す。

確かにその頃の組み立てラインは、初めてランボルギーニ社を訪れた1980年代終わり頃のカウンタック時代とあまり変わらない状況でもあった。その旧態然としていたランボルギーニを大きく変えたのがVWグループのアウディだ。

次ページアウディはどうランボルギーニを変えたのか
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT