フェラーリの旧車が「億円単位」で売れる理由

10年で5倍の価値にハネ上がった車も

今、フェラーリのクラシックカー価格が大きくハネ上がっている。写真はフェラーリ 250 California(Artcurial)

1961年、日本の年号でいえば昭和36年生まれの人は、今年の誕生日で満55歳を迎える。高齢者と呼ぶにはまだ早いものの、役職定年を迎えて子どもも独立しているような人もいるような中高年世代だ。その彼らと同じ年に製造された自動車に、20億円前後の値札が付くといったら驚く人は少なくないのではないだろうか。業界用語で表現すれば「55年落ち」の中古車、いや旧車にである。

仏オークションでは、約21億円の高値に

昨年2月、フランスで開かれたクラシックカーのオークション。そこに出品された1961年製の「250 GT SWBカリフォルニア スパイダー」と呼ばれるスポーツカーが1630万ユーロで落札された。しかも、ピカピカに輝かれチリひとつない滑らかなレザーに包まれたインテリア……を備えているワケでもなく、塗装もはがれ、ボディも傷だらけだったにもかかわらず、直近レートで換算して約21億円という、とんでもない価格で取引された。

アドルフォ・オルシjr氏がまとめているクラシックカーオークションブック

この車をつくったのは、あのフェラーリである。新車でも数千万円以上の価格で販売されるフェラーリは、クラシックカーにおいても圧倒的な強さを見せている。

世界中のカーオークションにおける出品・落札データをまとめているイタリア在住のアドルフォ・オルシJr氏によれば、2014年9月~2015年8月の1年間に、世界中のカーオークションで出品されたクラシックカーの落札価格トップ10の7台、トップ100のうち52台をフェラーリが占めた。歴代落札価格の最高記録も当然フェラーリだ。2014年8月に米国・モントレーで行われたオークションで、1962年製のフェラーリ「250GTO」が3800万ドル(約36億円)で落札された。

次ページクラシックカーの価格、この20年で25倍に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。