フェラーリの旧車が「億円単位」で売れる理由

10年で5倍の価値にハネ上がった車も

今、フェラーリのクラシックカー価格が大きくハネ上がっている。写真はフェラーリ 250 California(Artcurial)

1961年、日本の年号でいえば昭和36年生まれの人は、今年の誕生日で満55歳を迎える。高齢者と呼ぶにはまだ早いものの、役職定年を迎えて子どもも独立しているような人もいるような中高年世代だ。その彼らと同じ年に製造された自動車に、20億円前後の値札が付くといったら驚く人は少なくないのではないだろうか。業界用語で表現すれば「55年落ち」の中古車、いや旧車にである。

仏オークションでは、約21億円の高値に

昨年2月、フランスで開かれたクラシックカーのオークション。そこに出品された1961年製の「250 GT SWBカリフォルニア スパイダー」と呼ばれるスポーツカーが1630万ユーロで落札された。しかも、ピカピカに輝かれチリひとつない滑らかなレザーに包まれたインテリア……を備えているワケでもなく、塗装もはがれ、ボディも傷だらけだったにもかかわらず、直近レートで換算して約21億円という、とんでもない価格で取引された。

アドルフォ・オルシjr氏がまとめているクラシックカーオークションブック

この車をつくったのは、あのフェラーリである。新車でも数千万円以上の価格で販売されるフェラーリは、クラシックカーにおいても圧倒的な強さを見せている。

世界中のカーオークションにおける出品・落札データをまとめているイタリア在住のアドルフォ・オルシJr氏によれば、2014年9月~2015年8月の1年間に、世界中のカーオークションで出品されたクラシックカーの落札価格トップ10の7台、トップ100のうち52台をフェラーリが占めた。歴代落札価格の最高記録も当然フェラーリだ。2014年8月に米国・モントレーで行われたオークションで、1962年製のフェラーリ「250GTO」が3800万ドル(約36億円)で落札された。

次ページクラシックカーの価格、この20年で25倍に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT