フェラーリの限定車が発表前に完売した理由

「ラ・フェラーリ」のオープンを買うのは誰だ

「ラ・フェラーリ」に今秋、追加されるオープンモデル

正式な発表を前に予約完売したスーパーカー

フェラーリといえば新車なら安くても2500万円以上の値がつく、まさに「キング・オブ・スーパーカー」だ。その最高峰モデルの異例ともいえる販売手法が話題になっている。2013年にフェラーリ初の市販ハイブリッド車(HV)として登場した「ラ・フェラーリ」に今秋、追加されるオープンモデルである。

ラ・フェラーリは6262cc・V型12気筒の大排気量エンジンと高出力モーターの組み合わせによって最大963馬力(エンジン800馬力+モーター163馬力)、同トルク900Nm以上というとてつもないパワーをたたき出す。F1マシンと同じ工程で造られたというカーボンモノコックボディの採用など、まさに技術の粋を極めたモデルだ。2013年に499台限定で発売され、即時完売となった。

正式な発表を前にしてすでに完売した

そのラ・フェラーリのクーペボディをベースにしたオープンモデルが世界で初公表されるのは今年9月下旬にフランスで開かれるパリ・モーターショー。ところがそれを待たずして、フェラーリからこんな文面のプレスリリースが送られてきた。

「2016 年7 月5 日マラネッロ発 ラ・フェラーリのオープン・トップ・バージョンの画像が初公開されました。この特別限定車は、スーパースポーツカーの性能とともに爽快なオープントップドライビングを楽しみたいお客様に向けてつくられました。ネーミングや仕様、生産台数はパリ・モーターショーでの発表となりますが、特別限定生産となるこの車輌は、クライアント向けプレビューの後、すべて予約完売となっています」

つまり、ラ・フェラーリのオープンはクルマの正式な発表を前にして、実物の写真や価格などの詳細な情報が極秘のうちに重要顧客に案内され、完売したというワケである。一般向けには販売されることもなかった。車両価格や限定台数は現時点で明らかになっていないが、オリジナルのラ・フェラーリが約1億6000万円なのに対して、オープンモデルは2億円近く、限定数十台規模になりそうだという観測が出ている。

次ページ大金を払ってまで購入する理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT