「激務」でも将来につながるなら受けて立とう

「あれもこれも」と理想を求めるのは間違い

仕事を探すこと、現在の仕事を理想の仕事とするための努力に関して、あきらめは禁物です。決してあきらめてはいけません。

さて、サービス残業が多く、休みが少ない現在の会社でそのまま頑張るべきか、それとも転職活動をするべきなのか、ということで悩まれているようですが、その2択で考えることはお勧めできません。

といいますのも、REDさんとして自問すべきは、「今の仕事に残るか転職するか」ということではなく、もっと本質的なことだと思うからです。これはすべての転職にかかわることですが、問うべきは「現在の職場にいるのと転職するのでは、どちらがこの先の自分の人生の道がより開けるか」です。

もちろん「自分の人生の道を開く」ことの定義は人により異なります。スキルを成長させて今後の仕事上の選択肢を増やすということもあるでしょうし、今よりも時間的余裕のある仕事に従事してプラベートを充実させるという考え方もあるでしょう。

激務をこなすに値する仕事か否か

この連載の記事一覧はこちら

それを今回のREDさんのケースに当てはめて考えますと、まず考えるべきは「現在の仕事は、激務をこなすに値する仕事か否か」です。何も自分にとってのアップサイドがない中で、耐え忍んで残業などをこなすことは正直困難でしょう。もっと言うと、あまり意味がありません。

私もかつて自ら進んで1日18時間を週6日とか、はたまた3カ月連続出社で家で過ごす時間は毎日長くて4時間なんて生活をしたこともありますが、それとて自分にとって明確に成長を感じさせる業務に従事していたからです。

もちろん他人から見れば「お前なにやってんの?」という状態でしょう。しかし、ここでのポイントは、自分のやっていることを自分が信じているかどうか、ということです。

そして私の場合は、少なくとも自分の中でやっていることが自分の成長に寄与する、つまりこれをこなすことで未来の仕事上・人生上の選択肢が増えるはずだという確信があったからこそ頑張れたし、実際にその後の結果につながったのです。そのような利点があれば、とことん努力をするべきでしょう。

次ページそもそも簡単な仕事なんてない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT