「氷結」でグイグイ攻めている仕掛け人の正体

斬新なプロモーションを急速展開!

「氷結」などの斬新なプロモーションの裏側に迫る

あのヒット商品は、どのようにして生まれたのか?

東カレ読者が手取るような商品を作り、創意工夫に満ちたプロモーションを仕掛ける、マーケター。この連載ではそんなエッジィなマーケターたちに焦点を当て、ヒット作や一風変わったプロモーションの裏側に迫る。

第1回目は、「氷結」で斬新なプロモーションを展開する、キリンCSV本部デジタルマーケティング部の加藤美侑さんに話を聞いた。

デジタルを中心としたブランドのプロモーション

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

加藤さんは新卒で某食品メーカー勤務を経た後、2015年5月にキリンに転職し、デジタルマーケティング部へ配属となった。加藤さんが所属する「ブランドコミュニケーション」チームでは、イベント企画や、フェイスブック、ツイッターなどのSNSを駆使するなど、デジタルを中心としたブランドのプロモーションを担う。

2015年4月17日にオープンした、代官山『PRING VALLEY BREWERY』は東カレWEBでも大きな反響があった

担当はアルコール飲料。入社当初は、代官山に店舗がある『SPRING VALLEY BREWERY』というクラフトビールと『グランドキリン』の2つのブランドを手掛けた。

入社から1年たった今は「RTD=Ready to dirnk」と言われているチューハイ(氷結、本搾り、ビターズ)。クラフトビール(グランドキリン、SPRING VALLEY BREWERY)、「RTS=Ready To Serve」と言われている「ひんやりあんず」、そして、ウイスキー『富士山麓』の7ブランドを担当。

次ページ漫☆画太郎先生とのコラボ企画が話題に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。