スタバ裏メニュー「ピンクドリンク」の秘密

インスタで自然発生的に投稿が続々

インスタグラムの「#pinkdrink」には数多くの投稿があふれている

ネット上で広まった裏メニュー

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

スターバックス(Starbucks)のマーケターの意図しないところで、新しいムーブメントが生み出されている。「ピンクドリンク」と呼ばれる、ネット上で広まった裏メニューのことだ。

ストロベリー・アサイー・リフレッシャー・ティーを水の代わりにココナッツミルクで抽出した、この飲み物。スタバのメニューには記載されていないため、カウンターでバリスタに作り方を説明しないといけない。筆者の見識からすると、美味しくなさそうに感じるが、ネット上の評判は上々すぎるほどだ。

この「ピンクドリンク」、その味(ある者によって、「ネスクイック」ストロベリーのスタバ版と表現された)と見た目から、ソーシャルメディアで話題の的になっている。

特にインスタグラムでは、ハッシュタグ「#pinkdrink」で、この飲み物に魅了されたファンたちから、10万枚にも及ぶ写真が投稿されているのだ。その一部をご紹介しよう。

次ページピンクの効果
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。