東京23区で飲食店が激しく密集しているのは?

もっとも少ないのは「荒川区」

「アジア最大の歓楽街」の名に恥じぬ店の密集地(撮影:今井康一)
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

食の都、東京――。和洋中からフレンチ、イタリアン、各国料理まで、世界中のグルメが抜群の味で楽しめる東京には、雨後の筍のごとく、凄まじいまでの飲食店が乱立している。

それでは、23区の中でどの区に飲食店は一番多いのか?そしてその区の中でもどのエリアに集中しているのか?今回も公表されている統計を元に算出してみました。

宿泊業、飲食サービス業の事業所数(2012年度)

23区宿泊業、飲食サービス業の事業所数ランキング

早速、ランキングを発表しよう。

1位:新宿区(6,207)
2位:港区(6,113)
3位:中央区(5,778)
4位:千代田区(4,015)
5位:大田区(3,907)
6位:台東区(3,574)
7位:渋谷区(3,506)
8位:世田谷区(3,452)
9位:足立区(3,090)
10位:杉並区(3,080)
11位:品川区(2,910)
12位:豊島区(2,846)
13位:江戸川区(2,540)
14位:板橋区(2,519)
15位:江東区(2,431)
16位:練馬区(2,250)
17位:葛飾区(2,176)
18位:北区(1,984)
19位:墨田区(1,939)
20位:中野区(1,802)
21位:文京区(1,705)
22位:目黒区(1,627)
23位:荒川区(1,191)
次ページ荒川区はそもそも飲食店自体が少なかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。