なぜ東京に「巨大なバスターミナル」が必要か

「バスタ新宿」は大都市交通網を一変させる?

最大で1日1625本のバスが発着する「バスタ新宿」のカウンター。案内板には全国各地へ向かうバスの便名がずらりと並ぶ

4月4日にオープンした東京・新宿駅南口の高速バスターミナル「バスタ新宿」のニュースを見ながら、「ここまで騒がなくても良いのに」と思った人がいるかもしれない。しかし、高速バスの世界で見れば凄いことなのだ。

日本最大級の高速バスターミナル「バスタ新宿」――。ピーク時には最大で1日1625便をさばくという。これは、東京駅からの東海道新幹線の出発本数が1日約300本、東北・上越・北陸新幹線を含めても約450本という現実を踏まえれば、驚異的な数字だ。

確かに地方に目を移せば、バスターミナルを持つ都市は数多く存在する。そのうち従来日本最大級と言われてきた、福岡市にある「西鉄天神高速バスターミナル」は、西日本鉄道によれば1日約1600台が発着しているというから、バスタ新宿は飛び抜けた存在ではない。

「バスタ新宿」が注目されるワケ

画像を拡大
「バスタ新宿」の外観。JR新宿駅上の人工地盤上に位置する

ではなぜバスタ新宿が注目されるのか。TVメディアの東京偏重の報道姿勢も影響しているが、東京にここまで巨大なバスターミナルが存在しなかったことも大きいだろう。

鉄道があまり発達していない地方都市では、バスは重要な移動手段であり、バスターミナルは交通の核になる。東京は四方に新幹線が伸び、JR在来線、私鉄、地下鉄などが担う近郊輸送も充実している。ゆえにバスターミナルはあまり重視されなかったのかもしれない。

しかし近年、外国人観光客の増加も手伝い、安価な移動手段として高速バスが注目を集めるようになってきた。その陰で悲惨な大事故もいくつか発生しているが、安全性が確保できるなら、バスは移動の選択肢のひとつとして欠かせない。そして利用者のことを考えれば、ターミナル駅のように多くのバスを1か所に集中させたほうが良い。

東京が高速バスの重要性にやっと目覚めた。これがバスタ新宿誕生の理由のひとつではないかと考えている。

次ページ待合室や乗り場には課題も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT