なぜ東京に「巨大なバスターミナル」が必要か

「バスタ新宿」は大都市交通網を一変させる?

画像を拡大
タクシー乗り場がバスタ新宿に移転したことで甲州街道の渋滞が解消され、自動車利用者にもメリットをもたらした
初日から大勢の利用者で賑わったバスタ新宿

ところがバスタ新宿開業後、歩道橋から甲州街道を眺めると、同じ場所とは思えないほど空いていた。バスタ新宿の開業は、新宿を自動車で通過する人にもメリットをもたらしていた。

単にバスターミナルを作るだけでなく、それを駅の真上に置き、タクシー乗り場も中に取り込むことで交通結節点としての機能を持たせ、周辺の道路の円滑な通行まで実現している。モビリティ(移動性)全体を見据えた施設というところに好感が持てる。

それにしても驚いたのは、すでに溢れるほどの人々がバスタ新宿を利用していたことである。これまで新宿の各所に散り散りになっていたバス利用者が1か所に集結すると、これだけのボリュームになるということなのだろう。ただし取材日に限れば、運行面には大きな問題はなかった。

東京の人の流れを変える可能性も

この勢いが続くと、東京の人の流れを変えるほどのターミナルに成長するかもしれない。その理由は、羽田・成田の両空港からのリムジンバスや成田エクスプレスがここに到着し、フロアを移動するだけで他のバスや鉄道に乗り換えられるという利便性の高さにある。

2階のデッキからは真下を走るJR各線の電車も見える

これまで東京駅や品川駅などに向かっていた空港利用者が、バスタ新宿の使い勝手の良さを知って、新宿に押し寄せる可能性がある。特に羽田は、昨年春の首都高速道路山手トンネル全通によって、リムジンバスを使っての新宿までの所要時間が大幅に短縮されていることも後押しになる。

新宿からは、松本や日光、箱根などへ向かう特急列車も出ているが、バスタという名前も手伝って、バスを選択する人が増えるのではないだろうか。さらに東京駅や品川駅から新幹線での移動を考えていた人が、バスに乗り換える可能性もある。

タクシーやWEバスに乗れば、近隣のホテルへも楽に行ける。よって宿泊客の増加も予想される。新宿駅東口と西口の周辺を巡回するWEバスは、これまでは知る人ぞ知る存在だったが、バスタ新宿乗り入れで知名度が上がるかもしれない。

バスタ新宿は、高速バスから高速バスへの乗り換えという、これまでの東京ではあまり考えられなかった利用を容易にした。場所を提供したJR東日本にとって、バス人気が高まることは複雑かもしれないが、鉄道やタクシーを含めた交通結節点としての成功を収めることは、モビリティ全体の大きな枠組みで考えると、とても価値のある取り組みである。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。