夏に日本茶を売る「抹茶ビアガーデン」の秘密

都心のホテル龍名館が女性の心を掴んだ!

「抹茶のビール」や「ほうじ茶黒ビール」など9種類のビールが用意される

ビアガーデンと聞くと、「生ぬるい夜風の中で枝豆をつまみにビールを飲む」というイメージを持つ人が多いのではないか。しかし、こうした画一的なイメージは、もはや過去のもの。今、女子会の場としても使える、オシャレで料理のバリエーションも豊富なビアガーデンが百花繚乱だ。

今回ご紹介するのは、そのなかでもひときわユニークな「抹茶ビアガーデン」。6月1日〜9月30日の期間、東京・お茶の水にある日本茶レストランで開催されている。

抹茶ビアガーデンの主役は、目にも爽やかな抹茶のビールだ。その他「ほうじ茶黒ビール」など9種類のビールが2時間飲み放題に、“お茶料理”1品がついて3800円。少々お高い価格設定ながら、期間中はすでに数週間先まで予約で埋まっているという。人気の理由はどこにあるのだろうか。抹茶ビアガーデンを主催する、創業118年のホテル「龍名館」の濱田裕章経営企画・マーケティング部取締役部長に聞いた。

当初は苦戦した「日本茶の魅力」を伝える試み

同ホテルが抹茶ビアガーデンを始めたのは、2015年の夏期。その1年前、ホテルの改装と同時にオープンしたレストラン「グリーンティーレストラン1899お茶の水」での販促の一環だったそうだ。

レストランのコンセプトは、急須できちんと淹れたお茶と、茶葉を使った“お茶料理”で日本茶の魅力を伝えること。ただ、お茶料理というジャンルの知名度が低いことと、お茶というアイテムそのものが、繊細な魅力を持つ反面インパクトに欠け、宣伝が難しい。オープン後1年を経ても、集客数がなかなか上がらないのが悩みだった。

そこで、 “夏の風物詩”であるビアガーデンを利用することを考えついた。

次ページビアガーデンに欠かせないものは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。