広告宣伝費頼みの「急成長」には限界がある

今知りたい「グロースハック」の基本

スタートアップ界隈の人間にとって、「ハック」とは技術を使って創意工夫していくこと(撮影:尾形 文繁)
「グロースハック」という言葉をご存じでしょうか。ITサービス業界ではだいぶ浸透してきた概念ですが、日本ではまだなじみのない方が多いかもしれません。
グロースハックは提供する製品やサービスそのものに成長の仕組みを取り入れる新しいマーケティングの手法として、2012年前後にアメリカ西海岸で誕生しました。その後Facebook、Twitter、Dropboxといった企業が導入し多くのユーザーを獲得したことで、一気に広がっていったのです。
かつて日本のヤフーにて「X BRAND」などの新メディアを立ち上げ、現在はVASILY(ヴァシリー)代表として「iQON(アイコン)」などの運営を行う金山裕樹氏は、グロースハックを使い、宣伝費ゼロで100万人以上のユーザーを獲得したといいます。
いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略』(インプレス)の著者でもある金山氏に、これからのビジネスパーソンが知っておくべきグロースハックの本質について、話を聞きました。

どんなに自信のあるサービスでも

私が代表を務めるVASILYは、女性向けファッションアプリ「iQON」の運営において国内でいちはやくグロースハックの導入・実践を行った企業であると自負しています。

私がグロースハックを知った2012年の冬、VASILYは社員数10名程度の小さなITベンチャーであり、運営するサービスのユーザー獲得が伸び悩んでいました。

どんなに自信のあるサービスでも、ユーザーに認知されなければ使ってもらえません。またスタート時にキャンペーンなどでユーザーを集めても、継続して使ってもらえなければ尻すぼみになってしまいます。だからこそどのメーカーも宣伝広告に力を入れる。それが従来のマーケティングの王道でしょう。

VASILYには現在に至るまで、いわゆるマーケターや宣伝担当者がいません。「iQON」をリリースした当初も、特別なプレスリリースを用意したり、メディアに派手に取り上げられたりすることはなく、広告宣伝費用もありませんでした。

次ページ製品・サービスそのものに成長の仕組みを取り入れる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT