「激務」でも将来につながるなら受けて立とう

「あれもこれも」と理想を求めるのは間違い

休みが少ない会社で身体を壊してでも頑張るべきなのでしょうか?(写真:Graphs / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

ご相談させてください。現在、27歳のREDです。営業職で就職して1カ月ほど経過しました。サービス残業が多く休みが少ない会社で身体を壊してでも今後のために我慢して頑張るか、再び転職活動をするか悩んでいます。
僕は通信制高校出身で、卒業後は、職を転々としてきました。3社経験しています。就職活動はトータルで2年以上しましたが、なかなかご縁に恵まれなくて、やっと決まった仕事が求人票とはまるっきり違う企業に入ってしまいました。労基に監査などお願いしようと思いましたが、中小企業なので、自分の居場所がなくなるのも事実です。教育も行き届いていない部分が多く、困惑しています。あんなにしんどい中、就活したゴールがこれか……と落ち込む日々です。
正直、学歴も職歴もコンプレックスを感じる部分があり、さんざん面接でたたかれて、落とされてきました。自己分析が足らない、自己分析すればやりたい仕事が出てくるから!と、よく高校の担任に言われてきましたが、正直、飛び込んでみないとわからないことばかり。いくら分析したって現場で経験したことにはかなわないと思っています。今もその考えは変わりません。
それに、やりたい仕事よりか、自分に合う仕事ってなにかな?と思って就職先を探してきました。エリア的には製造系の仕事が多いのですが、それは自分には合わなかったので、避けたいと思っています。早く腰を据えて働ける会社に出合いたいなと思っていますが、経歴的にはネガティブです。
やはり「あきらめ」も必要なのでしょうか? もどかしいです。
営業職 RED
次ページ安井さんからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT