「天才型の子」への理解が圧倒的に足りない

大人はその才能を見つけ、伸ばせるか?

もし勉強がわからなくなってきても、「いや自分は勉強しなくてもできる人間だ!」と思ってその状況を放置すれば、当然、点数は下がり、成績は落ちます。そのときにも、特に何も言わず、「自分の人生だから自分で考えなさい。必要なことがあれば聞いてあげるから」というスタンスで対応します。こうやって、「努力の必要性を自ら学ぶ」という状態にもっていくのがよいでしょう。

親として我慢するのがなかなか難しく、つい「ああしなさい、こうしなさい」と言ってしまいそうになるかもしれません。しかし、簡単に手出しするよりも、子どもが健康的な生活ができる環境を作ることに専念し、本人の努力や勉強に関しては、あれこれ言わないということが適切な道ではないかと思います。

どうしても「努力」を教えたい場合は?

石田先生の近著。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

成田さんのお子さんは、おそらく中学レベルの学校の授業も簡単で、授業中だけで大半の内容をマスターしてしまうでしょうから、もしどうしても努力ということを教えたいのであれば、部活動や、クラブ活動など、勉強とは異なった領域の分野を勧めてみてはいかがでしょうか。もちろん、強制的にやらせるのではなく、何気なく話をしてみて、関心があるようなことを軽く勧めてみる程度がいいでしょう。強制させると作用反作用の法則が働き失敗します。

親として、子どもの将来を案じるのは、当然のことですよね。しかし、それが行きすぎて、取り越し苦労になってしまうとよくありませんし、その考えや思いが子どもに伝播し、負担になることもあります。焦る気持ちもあるかもしれませんが、親の辛抱が肝心です。ぜひ、どんと構えて、じっくり見守ってあげてはどうでしょうか。

『ぐんぐん伸びる子に育てる』講演会のお知らせ
7月に石田勝紀氏による講演会が実施されます。宜しければご覧ください。
◆7/10(日)13:00~16:00 @東京都二子玉川 詳しくはこちら
◆7/26(火)19:30~21:30 @東京都渋谷区千駄ヶ谷 詳しくはこちら

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT