人間の欲望を、すって味噌にしてみたら

禅世界の超大物”白隠”が描く、極楽と地獄

白隠は大道芸をする布袋の姿をよく描いている。それは、俗世間から離れて修業するのではなく、人々の生活の場である街に出ていって法を説く、という白隠の姿勢のあらわれであり、布袋は白隠の分身となっている。腰に縄を巻いただけの、この「すたすた坊主」も、布袋の姿で描かれている。

≪すたすた坊主≫ 早稲田大学會津八一記念博物館蔵
まるでマンガのような裸ん坊は、布袋であり、白隠の分身でもある

すたすた坊主とは、歌い踊りながら物乞いし、富裕な商人から金品をもらって、彼らの代わりに寺社にお参りする坊主のこと。この絵は、道楽が過ぎて、とうとう、すたすた坊主になってしまったということらしい。それでも、人々の幸福を願って代参する坊主は、何だか楽しそうに見える。

臨済宗の中興の祖であり、禅の世界では超大物の白隠だが、普通の人にはあまり知られていない。

東海道の宿場町、駿州の原(現在の静岡県沼津市)に生まれ、15歳のとき松蔭寺で出家した。20代は各地を歩き、山にこもって修行を重ね、32歳のとき、周囲のすすめで、荒廃していた松蔭寺の住職になる。

悟りを開いたのは42歳だった。牛のようにノソノソ歩き、虎のようににらんだというから、迫力ある人だったのだろう。

83歳で亡くなるまでに描いた書画はおびただしい数に上る。展覧会では、40カ所以上の寺や個人の所蔵者から、約100点の白隠の書画が集められ、前期と後期に分けて展示されている。芳澤教授と明治学院大学の山下裕二教授が監修した。大作を中心にこれだけの作品がそろう機会はめったにない。

目玉の1つが≪半身達磨≫だ。80歳を過ぎた晩年に描かれた。衣の赤い色から「朱達磨」と呼ばれ、関東地方では初めての公開となる。達磨というのは禅宗の始祖。インドに生まれ、中国に渡った。ちなみに縁起物の赤いダルマは、座禅する達磨の姿を人形にしたものである。

≪半身達磨≫ 萬壽寺蔵(大分県)
「自分の心にこそ仏が宿り、それを自覚することで仏になる」と説く
 
次ページ妾持ちの末路は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT