「ほったらかし調理家電」の真の実力とは?

材料を入れるだけで全自動で夕飯ができる

料理にもよるが、30分~1時間ほど圧力をかけて煮込むだけで、長時間煮込んだように、軟らかく、そして味をしみ込ませることができる。ほったらかして煮込んでいる間に、汁物や副菜の準備もバッチリだ。

炊飯器でおかずも同時に作る

タイガー魔法瓶「大人のタクック JKU-A551」(実勢価格1万8380円)

夫婦2人分といった少量のおかずの場合、忙しいと、わざわざオーブンレンジや鍋を使っておかずを作るのがおっくうだったりする。

そんな人にはタイガー魔法瓶の「大人のタクック JKU-A551」(実勢価格1万8380円)をオススメしたい。これは1~2人分のご飯を炊くのに最適な、3合炊きのコンパクトなIH炊飯ジャーだが、ちょっと面白い特徴がある。

おかず調理ができる「クッキングプレート」が付属するのだ。

使い方は非常に簡単。1合までのお米と水をセットしたら、下ごしらえしたおかずをクッキングプレートに入れて、内釜に入れる。すると、ご飯を炊くときの蒸気や熱で、おかずが調理できるというわけだ。ご飯とおかずが同時に完成する。

このタクックがスゴイのが、おかずの匂いや味がご飯に移らないことだ。しかも、ご飯もしっかりおいしく炊ける。「JKU-A551」は3合炊きのためコンパクトだが、さらにたっぷりの量のご飯とおかずを作りたい場合は、5.5合炊きや1升炊きが可能な「<炊きたて>tacook JKT-J型」を選ぼう。これなら、ご飯を炊きながら、4つのハンバーグを同時に調理するといったこともできる。

ご飯を炊きながら同時におかずが作れるタクックは、ほったらかしで調理ができるということだけでなく、洗い物が少ないというもうひとつの時短効果がある。

今回紹介した3製品はすべて、セットしてから1時間程度の調理時間がかかる。調理時間という意味では、決して短くない。しかし共通するメリットは、調理している間、ずっとほったらかしにできるということだ。その時間に違う家事を進めたり、ちょっとのんびりした時間を過ごすなど、自由な時間の使い方ができるのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。