「ほったらかし調理家電」の真の実力とは?

材料を入れるだけで全自動で夕飯ができる

調理している間、ふたをしているので煮こぼれる心配もなく、また温度センサーで緻密に管理しているため、焦げ付くこともない。そして何よりスゴイのが、内ぶたに搭載した「まぜ技ユニット」。ベストなタイミングで食材を自動的にかき混ぜてくれるため、底の部分が焦げ付くこともなく、また、味もしっかりと全体に回るというわけだ。さらに無水メニューでは食材が持つ水分だけで煮込むため、栄養が流れ出ることがなく、栄養もしっかり取れるという利点がある。

カレー以外にも、肉じゃがや八宝菜などを作ってみたが、自動的に混ぜ合わせる機能があることで、しっかりと味が染みておいしくできた。

どのメニューも、途中で操作をしたり、具材を追加投入するといったことはなく、ほったらかしで料理できるのが便利なのだ。

2種類の圧力で短時間でおいしく調理

象印マホービン「煮込み自慢 EL-MA30」(実勢価格3万5630円)

圧力鍋は短時間で食材を軟らかくし、味をしみ込ませることができるなど多くのメリットがあるが、安全面から、煮込んでいる間、ガスコンロを離れられないという欠点があった。しかし、電気圧力鍋なら、自動的に加圧、減圧するため、ほったらかしにできる。象印マホービンの「煮込み自慢 EL-MA30」(実勢価格3万5630円)はそんな使い方ができる電気圧力鍋。しかも、2つの圧力モードを搭載するので、料理の幅も広がる。

たとえば食材を軟らかくしたいビーフシチューなどの肉料理は一定圧力モードで調理。優しく加圧することで、煮崩れの心配なく煮込むことができる。逆にイワシの生姜煮や牛すじの煮物などは、何度も加圧と減圧を繰り返すことで、骨や筋まで軟らかくしてから味をしみ込ませる。

圧力を使うため、カレールウなど粘度のある材料は事前投入できないが、自動調理が終わった後、食べる直前に溶かせばいいので問題はない。

次ページ30分~1時間ほどで……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。