「スイミング」武器にルネサンスがベトナムへ

現地最大手と合弁設立へ

日本のフィットネスクラブはスイミングの指導で世界的に定評がある(写真はルネサンス野田店)

昨夏のロンドンオリンピックでは他競技にも増してメダルラッシュとなった日本の競泳陣。その日本ならではのスイミング指導の強みを生かして、フィットネスクラブ大手がベトナムに進出する。

DIC系でフィットネス業界3位のルネサンスは、昨年末の12月26日、ベトナムのフィットネスクラブ最大手、BANG LINH ENTERTAINMENT AND SPORT JOINT STOCK COMPANYとの合弁会社設立を現地当局に申請したと発表した。

BANG LINH社はハノイ市内でフィットネスクラブ20カ所をチェーン展開する、ベトナムでの業界最大手。合弁会社への出資比率は未公表だが、ルネサンス側は50%未満のマイナリティになるという。

合弁会社の設立メドとしては今春を予定。当面はベトナム国内でスイミングスクールおよび施設管理に関するコンサルティングサービスを提供するが、将来的には、業務受託などの形によるフィットネス施設の運営も視野に入れているもようだ。

最大の売りは「スイミング」指導

ルネサンスがベトナム展開で最大の売りにするのはスイミングのノウハウ。「フィットネス産業ではエアロビクスもジムも欧米からスタートしたが、スイミングに関しては、日本ほどきちんとした指導ノウハウを確立しているところはない」(同社)という。

日本のフィットネスクラブでは、スイミングスクールを子ども向けなどに実施しているところが多い。そこでは水泳の上達レベルに合わせて生徒を10級、9級などと進級させていき、級ごとの教育体系も確立している。

次ページまずはコンサルから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT